薬剤師 ブランク

薬剤師のブランクがある人の転職は?


薬剤師のブランクがある人の転職は?

メニュー

 

一度仕事から離れてしまったけれども、もう一度薬剤師として働きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。そのような方が不安や心配に感じることが、ブランクの問題です。

 

 

 

 

 

医学の世界は非常に速いスピードで進化をし続けていますので、
自分が仕事から離れていた間の進歩に、

 

自分がついていけるのかどうか不安や心配に感じるのは、当然のことです。

 

 

 

ブランクのある薬剤師が勉強して不安を軽減させる

 

薬剤師がブランクが長い場合に、ブランクを埋めるための努力して不安や心配や仕事の勘や知識を増やすことで就職や転職への心配の軽減させることはできます。

 

 

 

ブランクのある薬剤師の「本」で勉強する

 

薬剤師がブランクが長い場合に、忘れていることも多いと思います。基本的な知識や最新の知識を得るために「本」を読むことも大切なことの一つです。

おすすめの本は

 

  • 今日の治療薬
  • 薬効別服薬指導マニュアル
  • 治療薬マニュアル
  • 処方がわかる医療薬理学

 

その他にもアマゾンで薬剤師で探せばたくさんの本がありますので、何冊か読んで勉強をしましょう。

 

 

 

 

薬剤師のブランクのある方の勉強方法

 

本で知識を得たとしても実学としては物足りないと思います。そこで薬剤師の研修への参加も検討をしてみましょう。

 

  • 復職支援プログラム
  • 薬学的知識・技術・態度を習得するための教育プログラム
  • オンライン研修
  • e-ラーニング研修
  • 集合研修
  • 薬局・病院実務研修

 

 

ブランクのある薬剤師に一押しは、復職支援プログラムです。復職支援プログラムは、大手の調剤薬局、薬剤師求人サイトなどの人材紹介会社がが主催しています。

 

 

 

薬学的知識・技術・態度を習得するための教育プログラムについては、東京大学大学院薬学系研究科が医療現場でのインシデント・アクシデント事例を教材として、一定期間、医療現場で不可欠な薬学的知識・技術・態度などを勉強できる研修となっています。

 

 

 

オンライン研修、e-ラーニング研修、集合研修、薬局・病院実務研修は、日本薬剤師研修センターが開催ている研修になります。

 

 

 

 

 

ブランクのある薬剤師の復帰は?

 

ブランクがある薬剤師の転職でも、しっかりとした求人はたくさんだされています。薬剤師自体が貴重な能力を備えている職業ですので、ブランクがあったとしてもそれなりの知識と経験を備えていれば、あらゆる場所で活躍できるのです。

 

 

 

もちろんブランクがある場合に、転職しやすい職場とそうでない職場があることも事実です。

 

 

 

 

 

ブランクがある薬剤師が仕事に就きやすい職場とは

 

ブランクがある薬剤師が仕事に就きやすい職場は、ドラッグストアと調剤薬局です。病院・企業へ就きたい場合にはそうとう厳しいと思って間違いないでしょう。

 

 

ドラックストア・調剤薬局では、ブランクがある薬剤師を積極的に募集しているところもあります。そういう場合は、ブランク研修がしっかり用意されています。

 

 

 

 

ブランクがある薬剤師の求人を探す場合にチェックしたい点

 

  • 店舗に在籍している薬剤師の数
  • 勤務時間や残業時間の確認
  • 未経験者大歓迎?

 

 

 

店舗に在籍している薬剤師の数

 

 

それでもブランクに対する不安はどうしても感じてしまうものです。ブランクのある薬剤師が転職を検討する場合には、できるだけ在籍している薬剤師の数が多い勤務先を選択するのが賢明かもしれません。

 

 

 

 

 

薬局などで勤務している薬剤師の数が少なければ、ブランク明けから一人で調剤や監査をこなす必要にせまられます。

 

 

その点、薬剤師が多く在籍していればフォローの体制も整っており、自分が仕事に慣れるまでの間、十分に助けになってくれます。

 

 

 

 

勤務時間や残業時間の確認

 

勤務時間や残業時間の確認もしっかりと行っておきましょう。これまでの日常生活での支障がでない範囲で働かなくてはいけませんので、自分の希望に合った勤務時間の仕事に就く必要があります。

 

 

 

 

また、あまり残業が多くなると、日常生活にも支障がでてしまいます。ブランクを不安に感じることは仕方のないことですが、その為に新しい仕事に就くチャンスを逃すことのないように、安心して転職先を探すようにしましょう。

 

 

 

 

どうしても自信が持てないという方は、感覚を取り戻すまでは、
派遣という敷居の低い仕事から始めてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

ブランクある薬剤師が賢く転職するには

 

ブラランクのある薬剤師が賢く転職するには、薬剤師求人サイトの利用がおすすめです。求人の傾向を良く知っており、担当者は薬剤師の転職の経験が豊富にあります。登録をすると担当者が転職の相談に乗ってくれます。

 

 

 

 

希望や要望に沿う求人の提案から転職サポートまで無料でおこなってくれますので利用することがおすすめです。

 

ブランクのある薬剤師におすすめの薬剤師求人サイトは?

 

 

 

▲画面のTOPへ

 

正社員としてだけではなく派遣や紹介予定派遣もありです。

 

薬剤師がブランクがある人の場合、働く不安があるものです。不安がある場合、正社員という働き方だけでなく、派遣や紹介予定派遣という働き方もあります。

 

 

 

現在では、薬剤師の業界でも紹介予定派遣という形式へ、注目が集まって来ています。この形式は、派遣社員という形で転職して、まず一定の期間働きます。

 

 

 

その後、派遣期間が終わった時点で、会社側・本人の納得・同意を得られれば、
正社員・常勤の道があるという仕組みのものとなります。

 

 

 

薬剤師の紹介予定派遣のメリット

 

では、如何いった利点があるかというと、職場で実際に働いてから正社員とするか常勤として働くかを双方が決められるという、大きなものがあるのです。

 

 

 

これは、非常に巧い仕組みとなります。薬剤師の場合は、一般のサラリーマンよりも働くユニットが小さいです。

 

 

 

 

正社員となる前に職場の環境・雇用条件・人間関係がどうかを確かめられます。職場の良し悪しは以上の条件で決まるので、それが事前に確認できる仕組みは、とてもありがたいといえるでしょう。

 

 

 

 

 

薬剤師のマッチングに有利?不利?

派遣期間をへて、企業と正社員となるための、条件の交渉ができます。契約社員の期間が終われば、能力次第でより良い条件を求められるのです。

 

 

 

これは、会社側へとっても利点があります。一般社員を採用する場合、面接でしか応募者の能力を測れません。

 

 

 

 

事前に求職者の能力が判ってると、採用の判断がし易いのです。ですから、能力へ自信のある人は、この仕組みを最大限に利用するといいでしょう。

 

 

 

 

薬剤師の紹介予定派遣のデメリットもある

 

入社してから年収をあげる努力をするよりも、遥かに年収アップし易いです。尚、欠点ですが、会社の求めてる能力のなかった場合正規社員へは採用され難いという点でしょう。これは、事前確認しておくと防げます。

 

 

 

▲画面のTOPへ

 

ブランクのある薬剤師が利用したい求人サイトは?

 

ブランク歓迎求人の多いサイトを利用すべきです。そこでブランク歓迎求人数を比較してみました。

 

 

サイト名

ブランク歓迎求人数比較

薬キャリ

13271件

薬剤師ドットコム

10353件

日本調剤ファルマスタッフ

8075件

マイナビ薬剤師

5040件

薬剤師ではたらこ

348件

メドフィット 薬剤師

150件

ヤクステ

14件

ファーマージョブ

1件

リクナビ薬剤師

-件

転職ゴリ薬

-件

MCファーマネット

-件

 

 

ブランク歓迎求人数が多いのが1位に薬キャリ、2位に薬剤師転職ドットコム、3位にファルマスタッフです。ブランクのある薬剤師が利用したい求人サイトはこの3社と言えます。

 

 

ブランクのある薬剤師が利用したい求人サイトは?
薬キャリ

【薬キャリ】エムスリーキャリアが運営する日本最大級の薬剤師専門転職ポータルです。総合力があるサイトです。

 

 

 

 

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコムとは、東証一部上場グループが運営する薬剤師転職サイトです。一人一人の「納得」を判断基準にしています。

 

 

 

 

ファルマスタッフ

薬剤師の求人・派遣・転職といえばメディカルリソース 日本調剤ファルマスタッフです。今すぐ転職を考えている方もちょっと考え中の方でも大丈夫です。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる