臨床開発 薬剤師

臨床開発へ薬剤師が転職するには?


臨床開発へ薬剤師が転職するには?

メニュー

 

臨床開発の仕事に携わりたい薬剤師には、
臨床開発モニター(CRA)という求人があります。

 

 

 

臨床開発モニターという言葉は、
一般の人にはあまりなじみのない言葉なのかもしれません。

 

 

 

 

臨床開発モニター(CRA)とは、臨床試験がその計画通りに
正しく行われているのかを確認するモニタリング業務のことです。

 

 

 

 

試験開始に先立っての実施医療機関の選定、契約手続き、
試験中のモニタリング症例エントリーの進捗確認必須文書確認

 

症例報告書回収治験薬供給管理確認試験終了時の諸手続きなど
仕事の内容は多岐にわたります。

 

 

 

臨床開発は新薬開発には欠かせません。医学技術が進歩してきているとはいえ、
まだまだ克服できていない病気も数多くあります。

 

 

 

 

製薬会社は新薬のニーズにこたえるべく日々研究を重ねています。
臨床開発モニターの仕事も、新薬の需要に応じて重要な仕事になってきているのです。

 

 

 

 

これまでの経験を生かして臨床開発モニターとして
活躍したいと考えている薬剤師の方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

薬剤に一定の知識を備えている薬剤師は臨床開発モニターに適した人材であるといえます。
その為、製薬会社を中心に薬剤師の臨床開発モニターの求人も多くだされています。

 

 

 

薬剤師にとっても、自分の能力と経験が新薬開発に貢献するわけですから、
非常にやりがいのある仕事であるといえます。

 

 

 

新薬の開発は、医療業界にとっては永遠の課題でもあります。

 

 

 

 

これまで確認されている難病に加え、新たな病気に対応するためにも、
これからも新薬開発と、それに伴う臨床開発モニターの

 

需要は高まっていくことが予想されています。

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の転職は求人サイトを

 

人の病を治すためには医者の力だけではなく、薬に精通した人の力も大切です。
多くの人の病を治すためにも新薬の開発も大切になります。

 

 

臨床開発モニターの仕事も大切な仕事でもあり、
活躍したいという薬剤師も少なくありません。

 

 

 

薬剤師はそうした重要な役割を持っており、
さまざまな医療機関やお薬を取り扱う製薬会社では必要とされている人材です。

 

 

 

自分のキャリアアップを目指したりと言った理由で転職を考えている方も多いと思われます。

ただ臨床開発モニターの求人は少なく、応募者は多い状況です。

 

 

 

 

臨床開発モニターの求人を探している方は
薬剤師専門の求人サイトを見てみることがおすすめです。

 

 

 

新聞広告やチラシに掲載されている情報だけではなく、
非公開求人という一般に公開されていない求人を得ることもできます。

 

 

 

 

また、応募者が多いということ。
自分の適正や、社風が会う、合わないなども把握しておくことも必要です。

 

 

 

 

さらに、採用されるためには、書類選考の突破、面接の突破などハードルはやや高めです。

 

 

 

そいうことへの対応は、薬剤師求人サイト担当者がアドバイスをしてくれます。

 

 

 

転職の際にはきちんと業務を確認し、その職場で自分はどういった待遇や日数や
条件で働くことを確認することもできます。

 

 

 

採用率をアップさせる履歴書・経歴書の作成のアドバイスや添削、
面接対策なども対応してくれます。

 

 

 

希望があれば、臨床開発モニター以外の仕事の紹介も提案をしてくれます。
臨床開発モニター以外の仕事の場合、良い条件で働けることも少なくありません。

 

 

つまり無理なく働けるためにもたくさんの職場や待遇のものがあります。
現在は、医療機関は慢性的な人手不足に悩まされていることが多いためです。

 

 

 

 

少子高齢化が進み、さらにそのお悩みをかかえている医療機関は増えてきています。

 

 

 

 

そのためにも人を助ける力を持っているならばその力および資格を有効活用することで
自分の成長につながり、さらにたくさんの困っている人を助けることができます。

 

とてもやりがいのあるお仕事です。

 

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の転職相談したい方は

 

転職を検討する方は、どのような所に相談をもちかけるのでしょうか。
一般的に思いつくのが、ハローワークなどを活用する方法です。
ハローワークの相談はこちら>>>

 

 

 

しかし、自分の希望する就職先がなかなか見つからずに苦労している方も多いようです。

 

 

 

特に薬剤師の方であれば、
専門的な仕事の為に求人内容の見極めも十分にできないことが多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

そこで有効的に活用してもらいたいのが、薬剤師求人サイトです。
薬剤師求人サイトトは無料で利用できます。

 

 

 

 

但し転職の意思が固まっていない方は、利用しないほうがいいでしょう。
というのも、担当者から電話での連絡があるからです。

 

 

 

転職の意思が固まっている方には、強み味方になります。

 

 

 

 

特に、大手の薬剤師求人サイトでは非常に多くの求人数を取り扱っていますので、
転職先を探し出す幅が広がります。

 

 

 

 

 

さらに、非公開求人も掲載されており、好条件の求人を見つけることができるのです。
薬剤師求人サイトでは、それぞれに担当者が細かな相談についても受けることができます。

 

 

 

 

求人先の内容だけでなく、家庭や個人のプライベートに関する相談までしっかりと話を聞いてくれますので、勤務時間などの希望に応じた求人先を選別するのにアドバイスを行ってくれます。

 

 

 

 

 

アドバイザーは直接、求人先の調査も行ってくれます。

 

 

 

 

求人先の仕事の内容から、職場環境、人間関係まで細かく直接調べてくれますので、新しい職場に就いた後に後悔することもありません。

 

 

 

薬剤師求人サイトを利用するのは、通常は無料で行うことができます。

 

 

 

信頼できるサイトを2から3つ程度絞って登録しておけば、
求人先を探し出すのに選択肢の幅が広がります。

 

 

 

 

特に臨床開発モニターの求人は多くありませんので、
複数社登録しておくほうが良い求人に出会うチャンスが多くなります。

 

 

 

 

 

ただし、登録した分、担当者から連絡があり、希望や要望を伝えることになります。少し面倒ではありますが、良い職場へ転職をしたいなら行っておくほうが有利になります。

 

 

 

 

 

現在では多くの方が薬剤師求人サイトを活用した転職に成功していますので、
積極的に活用していきたいものです。

 

▲画面のTOPへ

おすすめ薬剤師求人サイトは?

マイナビ薬剤師


多くの方に評価され、2年連続にて、満足度No.1に選ばれています。

1.たくさんの求人の紹介
2.希望にぴったりの求人の紹介
3.相談に関する親身な応対




ファルマスタッフ


求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートいてくれます。薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績があります!




薬キャリ


業界最大級!3万件以上の求人情報数、薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応!




薬剤師転職ドットコム


薬剤師転職ドットコムは、一人一人の「納得」を判断基準にしています。ミスマッチがないかどうか、心から「納得」をして働けることを一番に考えてくれます。



リクナビ薬剤師


リクナビ薬剤師は、リクルートグループが運営する薬剤師専門の薬剤師求人サイトです。全国の求人数は35,000件以上を保有しています。






薬剤師の転職で成功したいなら知っておきたいことがあります!

まずはクリック↓ ↓


当サイトのランキングは、求人数や口コミ・評判などから管理人が良いと思われるものをランキング形式で紹介しています。ご了承ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる