薬剤師 企業

薬剤師が企業での働く


薬剤師が企業での働く

メニュー

 

 

 

薬剤師の活躍の場が広がっていますが、
ドラックストアや病院以外で働きたい方は企業のお仕事もあります。

 

では企業の仕事で薬剤師はどんな仕事があるでしょう。

 

 

 

 

1.研究・開発

 

新薬に関わる開発全般の仕事がありますが、企業側の採用では、薬剤師の資格を有しているだけでは、採用されないケースも多いことも事実です。

 

 

それだけ優秀な人材の確保を目指しています。入職後も、高い能力が求められ、続けて結果を出せるかどうかが評価の対象になります。

 

 

 

 

2.営業(MR)

 

自社製品の営業・拡販活動を行なう仕事です。病院やドラックストアへ新薬の宣伝活動を行なうとと同時に、薬の効能、薬の情報を提供をしていきます。

 

 

薬のセールスというよりも、薬の情報を提供することがメインになります。人体に影響を与える恐れがあるため、正確な情報を提供する責任のある仕事です。

 

 

 

 

3.治験

 

薬の実験を行ないます。治験志願者などに、新薬の実験台になっていただきその結果を整理していくことがメインの仕事になります。

 

 

 

4.学術

 

海外の文献で薬剤に関する翻訳がメインとなります。当然、英語力は必須になります。

 

 

 

以上のような仕事があります。良い給与です。ただ休みが少ないことや転勤が多いことが考えられます。事前に、休みのことや転勤のことは確認をしておきましょう。

 

 

企業へ転職するなら

 

企業で働きたい薬剤師は方は、何を成し遂げたいのか?何がやりたいのか?将来の目標やビジョンを持つことが大切になります。

 

 

そのため応募をしたという志望動機が必要になります。また、応募者も多くなることがほとんどと考え、応募書類の作成も重要となります。

 

 

まずは退職理由、転職理由、自己アピールから履歴書・職務経歴書・面接対策など。好印象を与えるように、工夫が必要となると思われます。

 

 

 

 

企業での薬剤師の求人は希少

 

薬剤師の企業の求人は、なかなか見つけることは難しいことは事実です。非公開求人を利用されるケースも多いため、薬剤師求人サイトを利用することで得ることができます。

 

 

また、薬剤師求人サイトを利用する場合に、担当者も企業に働きかけてることなどもしてくれます。薬剤師求人サイトの担当者へ転職の相談をしておきましょう。

 

 

さらに、担当者は転職サポートのプロでもあり、応募書類作成から自己アピールや履歴書・経歴書の添削・面接対策も行なってくれます。

 

 

転職活動に自信がない方は、薬剤師求人サイトの担当者のサポートを受けることがおすすめです。

 

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の転職の動向は?

 

昨今、どのような仕事においても資格というものは非常に重視されるようになっています。

 

そのような情勢の中、多くの求人が期待できて、多くの収入も得ることが可能なのが薬剤師です。

 

 

 

この資格は病院や薬局、

 

調剤薬局など働ける場所も多岐に亘っており、様々な場所で就業することができます。

 

 

 

今、現在、建設している個人の病院や診療所の横などには調剤薬局が多く、

 

そこでは必ず資格を持った人が必要になってきます。

 

ですので多くの人材が必要となり、それだけ求人数も多くなるということです。

 

 

 

 

またそれ自体が多いということは当然、

 

経験を持っている人はさらなるスキルアップや条件の良い場所に転職を考えることも可能となります。

 

 

 

 

 

このような特殊な資格はこれから先も重宝されていきます。

 

なので取得をしておくことは必ず後々の自分にとって価値のあることになります。

 

 

 

ここ数年、転職を行う事は悪いことではなく、自分自身がスキルアップしていくことが大事な事となっており、それを行うことで自分の価値を高めていこうとしている人も多くなっています。

 

 

 

なのでそれを行える職業、また需要と供給の関係において需要が多いものを選んで、

 

資格を取得することで今後の求人や転職をおこなうことがあります。

 

 

 

薬剤師は病院と一体となって業務を行っていくことでその地域、人々に健康と安全を伝えていくことができます。そういった面からも誇りを持って仕事をしていくことが大切なことです。

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師が企業へ転職する場合に利用したいサイトは?

 

薬剤師が企業へ転職したい場合に利用したいしたいサイトは、企業求人の多いサイトを利用すべきです。

 

元々求人数が少ないため貴重な求人になるわけですから少しでも求人数が多いサイトを利用しましょう。

 

 

企業求人保有数比較

 

 

薬キャリ

 

企業求人数545件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

マイナビ薬剤師

 

企業求人数220件件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

リクナビ薬剤師

 

企業求人数131件件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

その他サイトの企業求人数比較
サイト名

企業求人数比較

日本調剤ファルマスタッフ

107件

転職ゴリ薬

102件

薬剤師転職ドットコム

101件

ファーマージョブ

52件

ヤクステ

52件

メドフィット 薬剤師

30件

 

 

 

企業求人は少なく、その中でも薬キャリがダントツに多くなっています。企業へ転職をお考えの方は、薬キャリの利用がおすすめです。

 

その他のサイトはどこを利用しても同じようなものと思われます。

 

 

 

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる