薬剤師 転職 年齢

薬剤師転職の年齢で条件は変わる?


薬剤師転職の年齢で条件は変わる?

メニュー

 

 

薬剤師が転職を考える時に、年齢で有利、不利はあるでしょうか?多少は、あると思われます。特に、50代後半、60代は、不利なケースがでてくることが伺えます。

 

 

薬剤師の平均収入を見ると、1000人以上規模の平均収入が極端に減っています。

 

 

 

これは、第一線から外れたか、早期退職などにより、収入の減少になっていると考えられます。50代後半、60代では、体力的な面で就けない仕事がでてくるため不利になるということです。

 

 

 

 

薬剤師の女性であれば30代までは全く問題はないでしょう。

薬剤師の男性の40代の場合には、高額な給料の面がネックになるケースがあるようです。

 

 

 

 

薬剤師の転職で不利になる場合は?

 

50代で、ブランクが10年以上ある場合の再就職は、厳しいものとなります。

 

50代で、ずっと勤務していた場合には、仕事に就くことはできるでしょう。

 

 

 

しかし、ブランク期間が長いと、薬も全然違っていますし、さらに今はパソコンやインターネットが使えないと仕事にならないと言ってもいいでしょう。

 

 

 

だからと言って、全く仕事に就くことは難しいということでもありません。資格を有しているという強みがあります。ただ選べる仕事が少ないことは間違いないでしょう。

 

 

 

 

薬剤師の年齢と転職の状況

 

薬剤師は人手不足のこともあり転職しやすい状況ではありますが、しかし年齢や職場によっても違いがあります。

 

  • 公務員は、年齢制限があり40代で就くには難しい
  • 製薬会社や病院に就職することは難しい
  • 調剤薬局やドラッグストアでは年齢は関係なく転職が可能

 

 

20代、30代の薬剤師の転職は、転職できる職場は多くありますが、製薬会社や病院は元々入社することが難しい状況です。その他の職場ならそれほど難しいことはないと予想されます。

 

 

40代、50代になると、公務員が難しくなり、調剤薬局やドラックストアに限られてくることになります。ただ経験や目覚ましい成果があるなど自分に強みがあるという方は、その経験が生かさると思われる職場の場合には可能性はあります。

 

 

 

このような状況を踏まえて、転職活動をしましょう。オススメは、担当者の相談力のある薬剤師求人サイトを利用し、担当者に相談をしましょう。

 

 

▲画面のTOPへ

 

 

20代の薬剤師の転職には

 

 

 

数年間働いてみて、今の会社や職場に思うところがあって職場を変えたいと考えていたり、あの会社に行きたいからやっぱり転職したいと考える20代はいるものですね。

 

 

 

 

20代の薬剤師は目標やビジョンを明確に

 

こういった場合は、自分が何をできるかということと、これからこの会社でどうなりたいかということを明確することが大切になります。

 

 

 

薬剤師の場合はその免許を持っていることが一番の大きなメリットになります。これはどういうことかというと、そもそも薬剤師は専門職ということで、他の会社と違って専門的な内容で就職できるようになっているのです。

 

 

 

 

転職をするなら、まずやはり自分の熱意をアピールすることです。

 

特にある会社に数年しかいなかったということはあまり大きなデメリットにはなりません。

 

 

 

 

むしろ、途中でキャリアチェンジをしたいからということで働く先を選ぶことは、これからの長い人生では重要なことといえるでしょう。

 

 

 

 

20代の薬剤師はこれからどういう経験をするかが大切に

 

会社によっては驚くほど待遇が違うので、色々な会社を比べて良い条件で転職できるようになるといいですね。また、これからは色々な働き方ができるようになります。

 

 

 

20代でもそれは同じことで免許を持っているのであれば派遣やパート・アルバイトなどとして働くこともできるようになりますし、それ以外の働き方も多くあります。

 

 

 

つまり自分のあり方を決められる年代でもあり、これから経験することやどいう業績、成果を上げるかが今後の薬剤師として価値を高めることができる年代でもあるわけです。

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の年収30歳と転職

 

 

平成22年末での薬剤師の数は、男性は108,068人、女性は168,449人であり、合計276,517人が届け出を行っています。(厚生労働省調査による)

 

 

 

その内、年齢別で一番多いのが、30代であり、全体に約25%をしめています。働き盛りの30代での、薬剤師の年収は一体どれくらいなのでしょうか。

 

 

 

 

30代の薬剤師の転職で考えたいこととは

 

良い条件での転職を望むことと思いますが、通常どれくらいなのかという目安を理解して転職活動をすべきです。

 

採用側は、20代の薬剤師に求めることよりも、仕事を任せられる年代として期待される年代です。そのため20代よりも大きな責任を持たされることになります。

 

 

大きな責任を持たせられる年代だからこそ、それに見合う報酬や待遇でないと満足ができないことになります。その意味でも報酬や待遇などの基準を理解をしておくべきです。

 

 

 

 

 

もちろん薬剤師の報酬額は、勤務先や職種によって大きく違ってきます。

 

 

 

やはり、大企業に所属する薬剤師や、大病院に勤務する薬剤師の報酬額が多くなる傾向があり、30代後半での年収は500〜600万前後となっています。

 

 

キャリアや勤続年数によっても異なりますが、中小規模の会社に所属する薬剤師や、個人経営の薬局に努める薬剤師でも30代後半で約500万前後の年収を得ている薬剤師が多いようです。

 

 

 

 

大手製薬会社の営業職の薬剤師や、全国展開の大手ドラッグストア勤務の薬剤師の中には、30代後半でも、年収は600万円を越えている方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

しかし、このような方々は、営業ノルマを大幅に達成していたり、薬局の事務・雑務を兼任して努めている人が大半であり、仕事の内容はかなりハードなものとなっています。

 

 

 

また、地方の薬局に勤務する30代の薬剤師でも600万円前後の年収を得ている人もいらっしゃいますが、交通の便が悪かったり、一人で調合を行っていたりと、やはり勤務内容自体はハードなものが多いようです。

 

 

 

 

薬剤師は、比較的安定した職業であるといわれていますが、やはり高額の年収を目指すとなると、それなりの努力が必要であるということなのです。

 

 

 

年収をアップするなら、薬キャリマイナビ薬剤師などの薬剤師求人サイトを利用して、担当者に相談をすべきです。

 

 

 

担当者は、業界に精通していますので仕事全体の状況をよくしっていますし、薬剤師の立場になってアドバイスをしてくれます。

 

 

 

転職を考えている方は利用は、無料ですので、利用してみてはいかがでしょうか。

▲画面のTOPへ

薬剤師 転職 40代の傾向とポイント

 

 

薬剤師に限ることではありませんが、30代と比べると40代での転職では選択肢の幅が狭まります。一番の問題点はやはり「年齢」であり、人事担当も40代の採用を避ける傾向は強いものがあります。

 

 

 

 

 

 

年齢的に定年までの期間が短く、また新たにスキルな能力を身につけるためのいわゆる「伸びしろ」が少ないといったところがネックとなっているようです。しかしながら、薬剤師での40代での転職がまったくチャンスがないわけではありません。

 

 

 

 

 

40代薬剤師の転職でのアピールポイントと狙い

 

一番堅実な方法は、これまで培ってきた経験やキャリアをアピールすることです。

 

調剤薬局やドラックストアなら自己アピール次第で十分採用される可能性があります。

 

 

 

 

 

40代での転職では、ほとんどの場合が即戦力として期待されるわけですから、これまでの職場で培ってきたスキルを生かし、スムーズに勤務できる先を選択することが必要であるといえます。

 

 

 

 

また、比較的新しい分野にターゲットを絞り込むことも一つの方法です。

 

治験コーディネーターやMS、MRなど、近年になって需要が高まるようになってきた職種を狙いこむわけです。

 

 

 

 

これらの職種は、最近になって大幅に求人内容が多くなってきており、薬剤師としてのキャリアが十分であれば、積極的な採用を行っているところも少なくないようです。

 

 

 

 

いずれにしても、転職活動においては、40代の求人は数自体が少なくなってくるのが現状です。

 

 

 

転職活動自体を充実させたものにして、自分自身のスキルや経験の応じて、あまり背伸びをしないことが自分にあった転職先をみつける一番の方法であるといえるでしょう。

 

 

 

転職をお考えなら相談力のある薬剤師求人サイトがオススメです。

 

▲画面のTOPへ

50代の薬剤師が転職するには

 

 

最近は、キャリアが豊富な世代の人の求人が増えており、そういった人たちがいろいろな事情で転職を行っているものです。

 

 

 

 

特に専門職で長くキャリアがある人がこういった場所で求人を探したり、また転職をしたりすることは多いものです。薬剤師の場合もこれに該当します。

 

 

 

50代の人の求人はとても多くなっており、長い間この仕事を続けてきた人ならではの求人や転職方法というものがあります。

 

 

 

 

 

その場合は、やはり長い間働いてきたことは武器になります。途中途中で職場を変わった経験や、途中で仕事を休職したことも理由をきちんと説明できれば、特に大きな問題になることはありません。

 

 

 

 

長く働いた経験の中でどういうことをしてきたのか、しっかりアピールすることができるのが大事なことといえるでしょう。また、この会社に入りたいという希望も明確にしておく必要があります。

 

 

どうしてこの会社がいいのか、どういうメリットがあってこの病院にしたのかなどが明確に話すことができれば、それだけで採用の可能性は大きくなるものです。

 

 

 

 

また、勤務の時間や働く上で伝えておきたいことなど、あなたならではの希望もしっかり伝えることが大事なことといえるでしょう。最近では薬剤師が転職する場合に薬剤師求人サイトの利用が多くなっています。

 

 

 

 

薬剤師求人サイトを使うことで、より効率よく求人をチェックでし、応募することもできるようになっています。自分のキャリアを登録しておくこともできますから、応募の度に入力する必要もありません。

▲画面のTOPへ

年齢によって変わってくるので相談力のあるサイトを!

 

年齢によって転職活動も違ってくるでしょうし、仕事に就ける施設も違ってきます。もし年齢的なことで懸念をお持ちの方は、薬剤師求人サイトの担当者へ相談をしてみましょう。

 

特に人気の薬剤師求人サイトなら多くの経験がありますので的確にアドバイスをしてくれます。

 

 

薬剤師が転職の相談をしたい方おすすめのサイトは?

 

薬剤師転職ドットコム

 

薬剤師転職ドットコムは、担当者が一人一人へ丁寧に熱心に対応をしてくれるサイトで、転職の相談に乗って欲しい方にはおすすめのサイトです。

 

 

 

 

ファルマスタッフ

 

ファルマスタッフは、働き方も含め幅広く仕事を選べるサイトで、担当者も丁寧で熱心な対応をしてくれます。転職だけでなく派遣のお仕事も豊富に保有しています。

 

 

 

 

薬キャリ

 

薬キャリは、薬剤師の転職で最も多いサイトで、総合力が強みです。また担当者はさまざまな転職の経験があり、それぞれベストな対応をしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる