薬剤師 人間関係

薬剤師が人間関係ってどう?


薬剤師が人間関係ってどう?

メニュー

 

転職を考える動機は人それぞれの理由があります。その中でも職場の薬剤師の人間関係についての悩みという事情は、常に理由の上位にランキングされます。

 

 

 

新しい職場においては気持ちよく仕事をする為にも、人間関係のよい職場で働きたいものです。薬剤師の方でも、人間関係の悪化が原因で転職を考える方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

薬剤師が人間関係で悩みやすい職場は?
  • 調剤薬局・ドラックストア
  • 病院

 

 

薬剤師が人間関係で悩みやすいことの大きな理由には、職場が狭いという点です。

 

 

 

 

薬局や病院といった薬剤師の職場は、それ自体狭い空間にありますので、一度人間関係がこじれてしまうと、仕事にも支障を及ぼすことになります。

 

 

 

上司や同僚との関係、仕事の考え方の違い、パートと正社員の関係など、人間関係の問題には複雑な要因が重なってきます。

 

 

 

 

 

薬局・ドラックストアでの薬剤師の人間関係は?

薬局・ドラックストアでの人間関係は、少ない人数で仕事をする職場ですので、人間関係に悩むケースは少なくありません。給料は比較的に高い傾向がありますが、職場の中でのやり方があることも理解をしたい点でもあります。

 

 

 

とくに薬剤師の事務と薬剤師の人間関係でこじれるケースが少なくないようです。特に事務をおこなう担当者が年配の女性の場合、細かい性格のこともあり今ままでのやり方や自分のやり方があるようです。

 

 

 

薬局・ドラックストアで悪くならないためにも、職場でのやり方を理解をして仕事を行うことも大切なことになります。例え能率的でなくとも素直におこなうように心がけることが大切になります。

 

 

 

 

 

病院での薬剤師の人間関係は?

病院では、医師との関係、看護師との関係があり、謙虚な態度で接することが大切になります。一般に病院では、正確で効率を求める傾向があることもありギスギス感があるようです。

 

 

 

つまり、看護師、医師は時間のない中で人の命に責任というプレッシャーを感じながら仕事をおこなっているので仕方のないことです。その点を理解して接するようにすべきでしょう。

 

 

 

 

 

パート薬剤師の人間関係は?

 

パート薬剤師は、比較的、気楽な立場にありますが、責任を持って働く正社員の立場を尊重して接すれば大丈夫です。反対に、立場もわきまえずに接していると、人間関係は悪くなります。

 

 

 

 

 

薬剤師が人間関係を悪くしない共通した工夫

職場によっての悪くなる原因には、違いがありますが、人間の心理はいっしょです。そこで最低限おこなっておきたいことがあります。仲良くなる必要はありませんし、誰でもできることですので人間関係が悪くならないためにもおこなってみましょう。

 

  • 挨拶
  • 礼儀
  • 尊重
  • 愛想よく振る舞う
  • 仕事の創意工夫

 

 

 

挨拶

 

明るく、元気に「おはようございます」「お疲れ様です」「お疲れ様でした」などの挨拶することです。やるすぎるということはありませんが、一度でもおこなわないと影口を言われる原因になります。

 

 

 

 

礼儀

 

周囲の人のことを考え、迷惑にならないような心がけが大切になります。例えば、待合室のテーブルの上でお弁当を食べた後に、そのテーブルを布巾でふくなどということです。狭い人間関係だからこそ、こいう点ができていないと影口を言われることになります。

 

もしも、こいう細かい点を注意されたら次からは同じことをしないようにすべきです。

 

 

 

 

尊重

 

例え、相手の人が能力が劣っていると感じたとしても、能力のある人と思い接することも大切になります。基本的に薬剤師という資格を持っているというだけでも「頭の良い人」と思っている人が少なくありません。

 

そいう人から見下すような態度で接しられたら不満が出てしまいます。

 

 

 

 

仕事の創意工夫

 

特に、入社して最初のうちは、創意工夫が必要になります。言われたことしかおこなわないという印象を持たれてしまうと、仕事ができない人?仕事が覚えられない人?こうなると覚え方まで注意されることになります。

 

 

 

 

 

 

薬剤師が人間関係で転職をおこなう場合

 

今の職場で、人間関係が悪いと感じてしまっている場合に原因が、理不尽な先輩・上司がおり、離職率が高いという職場では、早めの転職を考えるべきです。例えば、この前○○という指示が出ているのに、今日は違った指示を出してきて混乱をまねいているのに、誰かのせいにしていまうなどという職場です。

 

 

 

 

理不尽な先輩や上司は、自分の気分次第でさまざまな要求をしてきます。それがどんどんエスカレートをして大変な思いをするようになります。このような職場は、必ずあるものです。あまりにも酷い場合には転職をすることもありです。

 

 

 

新しい転職先でも人間関係に悩まないようにするにはどのようにしておけばいいのでしょうか。一番有効的な方法は、事前見学や、職場体験を行うことです。

 

 

 

 

薬剤師求人サイトでは、事前に職場の雰囲気を体験できる制度もあります。

 

 

 

 

 

実際の職場をあらかじめ体験して、その職場の人間関係の雰囲気をつかみ取ることができるのです。事前体験では、その職場の方たちともお話する機会がありますので、積極的に情報収集を行いましょう。

 

 

 

 

 

職場の管理者などとも顔見知りになることができれば、面接などでも有利になります。その為にも、担当のコンサルタントとの連絡を密にとって、事前見学ができるように交渉しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

転職サイトでは、求人先に転職が完了した後でも、トラブル等に対応してくれます。万が一、何か問題が生じた場合でも安心して相談できますので、積極的に活用していきたいものです。

 

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の職場環境への不満からの転職ってどうなの?

 

薬剤師が転職を考えるには、さまざまな理由があります。

 

 

 

人間関係に悩んでいる方、給料に不満を持つ方、
勤務時間に問題のある方、など人それぞれの理由があります。

 

 

 

 

それぞれの問題点を解決できるような転職先を探し出す必要があるのです。

 

 

 

 

現在の職場環境に不満を感じている薬剤師の方もたくさんいらっしゃいます。
そのような方は、まずは自分の今の職場のどの部分に

 

不満がああるのかを整理してみましょう。

 

 

 

 

待遇面ですか、勤務時間ですか、仕事の内容なのでしょうか。
それらの不満点は、まず会社や上司に相談してみることをおススメします。

 

 

 

 

交渉によって解決の道が開けるのであれば、無理に転職する必要がなくなります。

 

 

 

 

しかし、話し合いによっても解決できないのであれば、
自分の将来の為にも、新しい職場への転職を検討しなければなりません。

 

 

 

 

その場合でも、自分の今の職場環境の問題点を整理することは大切なことなのです。

 

 

 

 

問題点が整理できれば、その問題点を解決できる転職先を探し出すことになります。
そこで、薬剤師専門の転職支援サイトを有効的に活用するようにしましょう。

 

 

 

 

 

整理できた職場環境の問題点を、担当のコンサルタントに相談してみるのです。

 

 

 

 

コンサルタントが不満を解消できるような新しい職場を紹介してくれます。
細かな希望までも、しっかりとコンサルタントに伝えるようにしましょう。

 

 

 

 

そうすれば、自分の希望する条件にあった求人を探し出してくれます。

 

 

 

 

職場環境は自分が仕事を行う上で、重要な要素になってくるものです。
仕事に対する意識向上の為にも、自分に合った職場環境で働きたいものです。

 

 

 

▲画面のTOPへ

人間関係の悩みから転職で利用したいサイトは?

 

薬剤師が人間関係で悩みどうしても解決するために転職をしたい方は、担当者が丁寧にサポートをしてくれる薬剤師求人サイトを利用することがおすすめです。

 

 

 

人間関係から転職したい方のおすすめのサイトは?

 

薬剤師転職ドットコム

 

薬剤師転職ドットコムは、担当者が一人一人へ丁寧に熱心に対応をしてくれるサイトで、転職の相談に乗って欲しい方にはおすすめのサイトです。

 

 

 

 

ファルマスタッフ

 

ファルマスタッフは、働き方も含め幅広く仕事を選べるサイトで、担当者も丁寧で熱心な対応をしてくれます。転職だけでなく派遣のお仕事も豊富に保有しています。

 

 

 

 

薬キャリ

 

薬キャリは、薬剤師の転職で最も多いサイトで、総合力が強みです。また担当者はさまざまな転職の経験があり、それぞれベストな対応をしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる