薬剤師 紹介予定派遣

薬剤師の紹介予定派遣とは?


薬剤師の紹介予定派遣とは?

メニュー

 

 

 

薬剤師の紹介予定派遣とは、いわゆる職場でのお試し期間として1〜6ヶ月程度、薬剤師の派遣社員として契約を行います。そして派遣期間の契約が満了した時に、契約企業と派遣者の合意を得て、正式に採用となるのです。

 

 

 

 

薬剤師の紹介予定派遣が注目される点とは

 

薬剤師の転職はこれまでの仕事上での不満や問題を解決する為の手段の一つです。しかし、転職後にそれらの問題が解消しない、もしくは新たな問題が発生して悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。せっかく転職したのですから、失敗しない勤務先に転職を行いたいものです。

 

 

 

 

 

 

薬剤師の転職でのミスマッチ?

 

薬剤師でも転職後に新たな職場でのミスマッチに悩むケースも多く発生しています。

 

 

条件が当初聞いていた話と違う、職場が考えていた以上に忙しい、通勤時間が思っていた以上にかかってしまう、人間関係や職場の雰囲気が想像よりも複雑でしんどい、等の問題です。

 

  • 聞いていた条件と違っている
  • 思っていたよりも多くの仕事があり忙しい
  • 通勤をしてみたら以外に遠い
  • 職場の人間関係が思っている以上にやっかい
  • 実際の働いてみると自分に合っていなかった
  • 転職に失敗したと後悔している

 

 

 

 

 

ミスマッチを避けられる薬剤師の紹介予定派遣が注目

 

職場でのミスマッチでの悩みや問題に対するリスクを回避する転職の方法が、
紹介予定派遣といわれる手段です。

 

 

 

 

薬剤師求人サイトなどをのぞいてみると、どの職場も魅力的で問題がないように見えてしまいます。実際の職場というものは、そこで働いてみなければわからないこともたくさんあるのです。

 

 

 

 

そこで、薬剤師の紹介予定派遣という方法を活用するのです。

 

 

 

 

薬剤師の紹介予定派遣のメリットは
  • 実際に働いてから決められるのでミスマッチを避けることができる
  • 派遣からのスターになるため採用されやすい
  • それほど面接等に力を入れなくとも大丈夫
  • 職場の人たちとコミュニケーションができてから採用不採用の判定となる

 

 

 

実際の職場で仕事を行い、自分に合った職場であると判断することができるわけです。採用側にも、出来るだけ長い期間働くことの可能な優秀な人材の確保にもつながります。

 

 

 

薬剤師の紹介予定派遣での転職であれば、既に職場の内容や雰囲気を把握したうえでの採用となるわけですから、薬剤師が転職に失敗するリスクを避けることができます。

 

 

 

 

基本的には、最初の試用期間での採用はされやすく敷居は低いと言われています。ただ正社員になるれるかどうかあなたの働き次第です。

 

 

 

 

試用期間で職場で働く人たちとも顔見知りになる結果、待遇や条件面も交渉がしやすくなるというのも特徴になります。

 

 

 

 

薬剤師の紹介予定派遣のデメリットは

薬剤師の紹介予定派遣のデメリットとしてはそれほど多くの求人がなく、まれに不採用となることもありますので、その場合に次の職場を探す時間が必要になってしまいます。

 

  • 薬剤師の紹介予定派遣は求人数が少ない
  • 扱っている薬剤師求人サイトと扱っていないサイトがある
  • まれに不採用となった場合のことも考えておく必要がある

 

 

 

▲画面のTOPへ

 

 

 

薬剤師転職は希望条件を明確にするのが重要

 

 

薬剤師が紹介予定派遣を利用して職場を変えることは敷居が低いと言われています。今働いている所と全く違う所で仕事を探す事も可能です。ただ、実際に転職する時はただ何となく仕事を変わりたい、別の所で働きたいということがどの職場に行っても満足できない原因になります。

 

 

 

 

また、面接の時等も、転職理由を聞いてみるとあいまいな回答をする人よりも、明確に回答をする人のほうが好感を持たれます。そこで重要となるのが、希望条件を明確にするという事です。

 

 

 

 

自分はそこでどうしたいのか、さらにどの様な事が出来るのか、どうして働く所を変えようと思ったのか、そのような点をはっきりとさせる必要が有ります。

 

 

 

 

 

 

ただ、自分の中では良く理解していたとしても、相手に伝える事が出来なければ意味がありません。

 

 

 

 

まずはそれを箇条書きにするなどし、そこから第三者でも良く理解が出来る様な言葉で表現する様にします。また、ニュアンス等はなかなか通じない物なので、出来るだけそれそのものを表現する言葉を使うようにしましょう。

 

 

 

 

 

ところで薬剤師の働ける場所は沢山あります。従って、まずはどこで働きたいかを明確にしてみましょう。院内薬局なのか、それとも調剤薬局なのか、さらに製薬会社なのか、本当に希望している所はどこかを明らかにします。

 

 

 

 

ただ、そうして希望条件を明確にしても、なかなか希望している仕事が見つからないという意見もちらほら聞いた事があるはずです。

 

 

 

また、薬剤師の紹介予定派遣は、扱っている薬剤師求人サイトと扱いのない薬剤師求人サイトがありますので、選び方を間違えると薬剤師の紹介予定派遣を利用することはできません。

 

 

 

 

もし既に利用している薬剤師求人サイトがあり、そのサイトで良い求人が見つからない、紹介予定派遣の扱いがないなら、他の薬剤師求人サイトを利用する、薬剤師の紹介予定派遣のあるサイトを利用することです。

 

 

 

 

利用は無料ですので問題はありません。ただ複数の薬剤師求人サイトの利用になりますので、常識的な対応をおこないましょう。最近では、2社〜3社の薬剤師求人サイトを利用して求人や対応を比較するように利用している薬剤師が増えています。

 

 

 

▲画面のTOPへ

紹介予定派遣に強みのあるサイトは?

 

紹介予定派遣のお仕事をお探しなら、紹介予定派遣の保有求人数が多いサイトの利用がおすすめです。そこで各サイトの紹介予定派遣の保有求人数を比較していました。

 

 

紹介予定派遣の求人数比較

 

日本調剤ファルマスタッフ

 

ファルマスタッフの紹介予定派遣の保有求人数は、3029件とダントツの保有数です!

 

全国対応で派遣・アルバイト求人数30,009件で、派遣のお仕事は10,000件以上保有しています。

 

 

 

 

薬キャリ

 

薬キャリは紹介予定派遣が139件の保有数となっています。

 

全国対応で、派遣・アルバイト求人数24,589件で、派遣のお仕事は4,023件以上保有しています。

 

 

 

 

 

その他の薬剤師求人サイト・紹介予定派遣ト求人数は?

 

MCファーマネット

28件

転職ゴリ薬

19件

 

*当サイトで紹介しているその他の求人サイトは、紹介予定派遣を扱ってないため掲載していません。

 

 

紹介予定派遣のことを含めて転職のことをお考えなら、日本調剤ファルマスタッフ、薬キャリの利用がおすすめです。

 

まだまだ紹介予定派遣の求人は多くないことは確かです。

 

 

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる