薬剤師 病院

薬剤師が病院で働く?

薬剤師が病院で働く?

メニュー

 

薬剤師の転職・求人を探す目的に多くの薬剤師がメリットとして考えることに、給料が安定していることでしょう。

 

 

 

 

薬剤師の病院で働くってどう?

 

薬剤師が病院で働くには、大学病院か総合病院が頭に浮かぶと思われます。大学病院と総合病院では薬剤師の働く魅力は大きく違っています。大学病院の場合は、治療と教育と研究が目的となることを理解しておきましょう。

 

 

薬剤師の大学病院のメリットは

 

  • 症例が多いこと
  • 人材的のな余裕もあり、専門薬剤師などの資格が取りやすい
  • 社会人博士で取ることの便宜を図ってもらえたりする

 

 

薬剤師の大学病院のデメリット

 

  • 研究などはしなければならないこと
  • 勉強し続けないと居られなくなること
  • 女性の場合家庭との両立は無理があること
  • 薬剤師の中途採用は難しい

 

 

 

薬剤師の総合病院では

 

大学病院に対して総合病院は、第一が地域医療に貢献が目的となります。ベッド数の規模による違いや2次救急までか、3次救急まであるかによって大きな違いがあります。

 

 

大学病院に比べ、薬剤師の転職は可能性はありますが、求人は少なく、調剤薬局のみの経験では難しい傾向があります。

 

 

 

薬剤師の仕事は幅広くなる

 

薬剤師の仕事としては、入院患者への調剤や注射薬の提供、服薬指導などを行ないます。ただ単にに医師の処方に従って薬を調剤するだけではありません。カルテを読み、患者の状態や服用履歴を考え、深く調剤に関わっていくことです。

 

 

 

薬剤師の病院での業務は
調剤

医師の処方せんに基づき、外来患者に渡す薬を調剤する外来調剤と入院している患者へ薬を調剤する入院調剤があります。

 

 

製剤

病院内で調製され、その病院内で使用される製剤業務のことです。

 

 

注射調剤

急性期に使用され、薬剤師が処方せんを基に入院患者一人一人が使用する注射薬を1回分ずつ調剤します。

 

 

注射薬混合調製

注射薬を点滴の中に混ぜ、患者にすぐに使用できるようにする業務のことです。

 

 

プレアボイド

薬剤師が薬物療法に関与し、副作用を未然に防止することで患者が不利益を与えないための制度が「プレアボイド」です。

 

 

チーム医療

チーム医療は、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士など医療スタッフが互いの専門性を尊重コミュニケーションを密にすることにより、患者さんにとって最も効果的な治療法や方針が検討していきます。具体的には緩和ケアチーム、感染管理チーム、栄養管理サポートチーム、褥瘡管理チーム、病棟薬剤業務などがあります。

 

 

その他には、外来化学療法室、救命救急業務、常に最適な薬物治療が提供できるようにするのが薬剤師の業務になります。

 

 

 

 

病院での薬剤師の特徴としては

 

患者とのコミュニケーションをするとこも必要になることが多く、患者の不安や悩みを解決することもあります。また、薬の情報を収集し医師に提供したり、注射の取り扱いなどに関わることもあります。

 

 

 

 

ただ病院によっても違ってきますが、特定の分野の医薬品にしか触れない機会がないという場合もあります。

 

 

 

 

 

病院での薬剤師の経験できることは?

 

病院の薬剤師が経験できることは、患者への指導と注射を扱うことから最新の研究資料に触れること予想ができます。

 

 

 

 

 

薬剤師の病院の求人は

 

病院の求人はドラックストアなどに比べると少ない傾向にあります。特に、有名な病院となると求人を見つけることは難しいと思います。

 

 

 

 

薬剤師の転職では急性期病院の求人は、少なく、大学病院への転職は難しい状況です。ただタイミングが合えば、面接を受けられるチャンスがあります。一般に移動や退職者のある時期は、3月という傾向がありますので、この時期は外したくありません。

 

 

 

 

その他の時期であれば、募集が出るまで待つしかありません。タイミングよく応募できたとしても、志望動機や自己アピールが上手にできなければ書類選考と落とされたり、面接で落とされたりします。

 

 

 

つまり、それだけ人気の求人になってしまいます。

 

 

 

 

薬剤師の病院での面接等でアピールできるかどうかが大切

 

病院で採用されるには、薬剤師が面接では、自己アピールでは、応募先にどのように貢献していきたいのか?どいうことを行いたいのかはっきり言えなければなりません。さらにそのこと自体が病院の方針や院長や部長が考えていることと一致あるいは、近い考えと思われることが大切になります。

 

 

 

例えば、どの病院でもウケが良いのは「チームプレイ」の話です。そして必ず聞かれることの一つに「残業が多いですけど大丈夫ですか?」とか「当直は大丈夫ですか?」こいう質問に対しての返答の対応をチェックしています。

 

 

 

即く大丈夫と言えなかったり、曇った返事では、悪い印象が持たれることになってしまいます。求人先の方針や規模によっても違ってきますので、求人先の業務内容や方針など調べるて判断すべきです。

 

 

 

 

まずは、内定を勝ち取ることが大切になるわけですが、そのために魅力的な自己アピールができるかどうかです。

 

 

自分にはどんな経験があるのか?

 

その経験から何ができるのか?

 

志望動機は?

 

 

さらに、病院は何を求めているのかを理解して、アピールすることも大切な点です。調べることも大切になりますが、薬剤師求人サイトの担当者に相談しながら、転職活動を進めることが効率的です。

 

 

 

 

薬剤師求人サイトの担当者に相談することがおすすめ

 

病院の求人や仕事の内容は、薬剤師求人サイトの担当者に聞くと理解できる点です。また担当者は転職のプロですので、自己アピールや履歴書・経歴書の作成の仕方、面接対策などのサポートを受けることができます。

 

 

 

 

場合によっては、応募先の好みを知っていることもあます。まずは担当者のアドバイスを聞くことがおすすめです。そして最も魅力な点は、薬剤師求人サイト(人材紹介)では、非公開求人を多く保有し、病院の求人の情報もいち早く得られる可能性があります。

 

 

 

 

質の良い病院の求人も見つかる可能性があります。病院の求人を見つけたい方は薬剤師求人サイトを利用すべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

 

薬剤師が病院へ転職する場合に利用したいサイトは?

 

薬剤師が病院へ転職する場合に、病院・クリニックの求人保有数が多いことと、今までの実績・評判を合わせて良いサイトを選ぶべきです。

 

 

 

病院・クリニック求人保有数比較

 

サイト名

病院・クリニック求人数比較

薬キャリ

3896件

ファルマスタッフ

2485件

リクナビ薬剤師

2037件

マイナビ薬剤師

1648件

薬剤師転職ドットコム

1428件

MCファーマネット

183件

薬剤師ではたらこ

31件

ファーマージョブ

不明件

 

 

 

薬剤師が病院へ転職で利用したいおすすめのサイトは?

*コンテンツ作成時の求人数ですので、実際の求人は各サイトでご確認ください。

 

 

薬キャリ

 

 

病院・クリニック求人保有数3896件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

ファルマスタッフ

 

 

 

病院・クリニック求人保有数2485件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

リクナビ薬剤師

 

 

病院・クリニック求人保有数1839件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

 

 

 

薬剤師の転職で病院へ転職したい場合におすすめしたいサイトは、薬キャリファルマスタッフリクナビ薬剤師がおすすめです。マイナビ薬剤師までの求人数保有数であれば、良い求人を得られる可能性が期待できると思います。

 

 

薬剤師の病院求人は少ないため2社〜3社登録をして、担当者へ希望や要望を伝えて最新の求人情報を得られるようにしておくことがおすすめです。

 

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる