薬剤師 ドラッグストア

薬剤師がドラッグストアで働くって?

薬剤師がドラッグストアで働くって?

メニュー

 

社会情勢の変化に伴い、薬剤師の活躍する場所も増えてきました。

 

 

 

薬剤師のドラックストアの役割が重要に

 

最近では、大手調剤薬局がドラックストアの部門を創設したり、ドラックストアが調剤部門を併設してきたりするようになってきています。調剤併設のドラックストアでの薬剤師求人も多くなってきました。

 

 

 

 

ドラックストアには、それぞれに経営に対するノウハウを備えており、地域住民の生活に密着した業務展開を行っています。

 

 

 

また最近では、大手ドラックストアがチェーン展開をするようになり、一般医療品の他にも、化粧品やシャンプー、消費品、食品までもが陳列されてきています。また、ドラックストアの経営に、大手調剤薬局が進出するなど、相互乗り入れが盛んになってきました。

 

 

 

 

その為、ドラックストアで勤務する薬剤師には、薬剤に対する幅広い知識の他にも、必要とされる能力があります。

 

 

 

 

薬剤師としての調剤の業務に加えて、店舗での接客をすることも多いので、コミュニケーション能力が必要とされるのです。また、店舗運営自体を任されることもありますので、それらに関するノウハウも必要になるでしょう。

 

 

 

 

スキルアップを図ることができ、薬剤師の活躍できる幅が多くなるドラックストアでの求人は、薬剤師の間でも人気の高いものになっています。高齢化が急速に進んでいる中、一般薬品だけでなく、健康関連商品や介護用品市場の拡大も続いています。

 

 

 

 

その中でも、調剤併設型のドラッグストアの展開は地域の需要を受けて今後とも確実に広がっていくものとみられています。

 

 

 

 

そして、薬剤師に対する期待も大きく、求人内容も条件のいいものが出てくることになっているのです。

 

 

 

 

 

薬剤師のドラックストアでの給料は?

比較的高い傾向が伺えます。薬剤師求人サイトでドラックストアの求人が比較的多いのがマイナビ薬剤師です。マイナビ薬剤師のサイト上で求人を眺めてるとわかることなのですが、大手のドラックストアの求人の給料が比較的、高いことわかります。

 

 

 

調剤薬局と比べ相対的に年収100円〜200万前後の差があることが理解できると思います。これは薬剤師に求められることに「店舗の売り上げ」に責任を持つことも含まれており売り上げが下がれば減俸もあるということになります。

 

 

 

そのため管理職となり店長ともなれば、時には年収1000万以上の給料がもらえることもあります。

 

 

 

 

薬剤師のドラックストア・パート・バイトの時給は

調剤薬局、ドラッグストア、病院では、ドラッグストアの時給が一番高い傾向にありますが、時給200円も300円も高くなるようなことはないようです。(2015年調査時点) ほんの少しの差という感じで高くなっているという感じです。

 

 

 

もし薬剤師のアルバイト・パートで高額時給で働きたいとお考えなら、職場で選ぶ必要はないということが伺えます。

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師が転職でドラックストアへの注意すべきこと

 

 

薬剤師が求められ、薬剤師の給料も都会よりも地方のほうが多いことは常識です。

 

 

 

 

ただ、地方での勤務では、デメリットがあることも確かです。

 

地方だからのんびりと仕事ができると思ったら、大間違い。

 

 

 

残業も多く、朝早く出勤し、夜は23時とか24時に仕事が終わるというケースもあります。

 

さらに、地方だから交通が不便で、電車も走っていないためバスを利用をすれば、

 

19時ごろが終バスだったり・・・。

 

 

 

 

地方だからこそ薬剤師不足のために

 

地方だからこそ人手不足のため、一人で何でもやらなければならい。

 

アルバイトを募集をしても、人材の確保も難しい・・。給料が多いから言って、手放しでは喜べないことが少なくないものです。

 

 

そして、最悪なのが、オーナーや職場の人間関係が良くない職場です。転職後に、後悔してももう遅いですね。

 

 

 

 

求人情報を得たら、まず良く調べることが大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

薬剤師が働き安い環境かどうか?人間関係は?

 

実際の残業はどうか?など。実際に働き出してからのことを把握するよう情報収集することが大切になります。

 

 

 

そうは言っても情報収集は、そう簡単ではありません。そこで利用したいのが薬剤師求人サイトの利用です。薬剤師求人サイトの多くは、担当者が対応するスタンスになっています。

 

 

 

登録をすると、担当者から連絡がありますので、担当者に求人について実際のところを聞くことができます。

 

 

 

 

 

担当者は、日ごろから情報収集をし、求人情報を得るだけでなく、

 

実際に働き出してからの様子についても把握していることが多いです。

 

もしわからない場合には、可能な限り調べてくれます。

 

 

転職後後悔したくないなら薬剤師求人サイトを利用をして、

 

担当者にサポートしてもらうことをおすすめします。

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の求人でドラックストアに強みのあるサイトは?

 

薬剤師がドラックストアへ転職のために利用したいのがドラックストアに強みのある薬剤師求人サイトです。

 

ドラックストアに強みがあるかどうかは、ドラックストアの保有求人数の多さをチェックすることが大切です。

 

そこでドラックストアの保有求人数を調べてみました。

 

 

ドラックストア保有求人数比較

 

マイナビ薬剤師

 

ドラックストア求人数11421件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

リクナビ薬剤師

 

ドラックストア求人数10202件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

ファルマスタッフ

 

ドラックストア求人数7470件

対応エリア:全国
評価

 

 

 

 

その他の薬剤師求人サイトドラックストア求人数比較
サイト名

ドラックストア求人数比較

転職ゴリ薬

3553件

薬剤師転職ドットコム

3112件

ヤクステ

739件

メドフィット 薬剤師

360件

薬剤師ではたらこ

327件

ファーマージョブ

52件

MCファーマネット

39件

薬キャリ

8件

 

 

薬剤師の転職でドラックストアへ転職をするなら利用したいサイトは、マイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師、ファルマスタッフがおすすめと言えます。

 

 

次いで、転職ゴリ薬、薬剤師転職ドットコムという感じです。その他のサイトは求人数が少ないため良い求人は得られない可能性があることが伺えます。

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる