薬剤師 退職

薬剤師の退職では?

薬剤師の退職では?

メニュー

 

薬剤師の円満退職を目指す

 

転職を行う際には、当然ながら今までの勤務先を退社することになります。

 

 

 

 

退社する場合には、なるべく事を荒立たせない様な円満退職を希望するものですよね。
ここでは、薬剤師の方が、円満退社するために必要なことについて考えてみましょう。

 

 

 

 

 

まずは、退社の伝え方が大切なポイントになります。
退社の意思を伝えるのは、おそらく直属の上司が初めになるでしょう。

 

 

 

 

意思表示で心がけたいこと

 

まちがっても同僚には最初に話さないようにしてください。

 

 

万が一、転職等がうまくいかなく、
会社に残る時にはなにかと気まずくなり、良い結果にはなりません。

 

 

 

 

 

自分が退職を決意したのであれば、
上司の熱心な引き留めにあっても自分の意思を貫くようにしましょう。

 

 

 

 

退職理由は

 

必ず退社の理由をきちんと説明して相手の理解を得るようにします。

 

 

しかし、今の職場の不満は口にださないように注意して、

 

退職理由は前向きなものとしておきましょう。

 

 

 

嘘はつく必要はありませんが、表現の方法を変えて説明するようにしましょう。

 

 

 

例えば「給料が安い」ということであれば「子供の関係で蓄えを残さないといけませんので、
給料の高い地方の薬局で勤務することにしました」という感じですね。

 

 

 

 

スキルアップを目指すのであれば、「総合病院で多くの薬の事を勉強したい」というように、
本心を伝える表現の方法を少し変えるようにしましょう。

 

 

 

 

できるだけ早めに退職の意思を伝えるようにすれば、
準備の期間も用意できますので、円満退社につながります。

 

 

 

 

あらゆることを確実に行って、円満退職で次の仕事に就くようにしたいものです。

 

 

▲画面のTOPへ

転職のための退職準備

 

転職の際には、どのような職業についても事前に準備をしておくことは大切なここです。

 

 

何も考えないで、漫然と転職活動を行っていると、
退社と入社の時期がずれてしまうなど、多くの支障をきたすことになります。

 

 

 

そこで薬剤師の方が転職する際に事前に注意しておくことについて説明します。

最も大切なことは、退職の準備です。

 

 

 

転職活動を始めないうちに退職届けを出してしまうと、
すぐに転職先がみつからない場合には苦労をすることになります。

 

 

 

自分ではすぐに新しい就職先が見つかると考えていても、
意外に時間がかかってしまう場合が多いのです。

 

時間的にも余裕を持っておくようにしましょう。

 

 

 

 

転職活動に際しては、条件の優先順位を明確にしておきます。

 

今の職場のどこに不満があって転職を考えるようになったのかを一度整理しておきましょう。

 

 

 

仕事の内容でしょうか、給料に対する不満でしょうか、
人間関係がうまくいっていないからでしょうか。

 

 

 

新しい勤務先に希望する条件に対して順番をつけておけば、
転職先を探し出すうえでの目安にもなります。

 

 

 

転職先を探す上では、情報収集は確実に行っておきましょう。
できれば転職支援サイトに登録して、求人先の情報を取り入れるようにします。

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の転職事情と退職せずに転職が可能に!

 

薬剤師の資格を持っていると、就職・転職活動時には非常に有利になります。

 

 

 

資格を活かして、フルタイムでバリバリと働くこともできますし、
一日数時間だけのパートタイムで働くことも可能です。

 

 

 

 

家事や子育てを優先させるためにパート・アルバイトで働いたり、
正社員として頑張ってキャリアを積んだりと、自分のライフスタイルに合わせて好きなように

働き方を選ぶことができるのも、この職業の魅力でもあります。

 

 

 

 

薬剤師として活躍できる職場は、たくさんあります。

 

 

 

地域の人たちと触れ合いながら、働きたいと考えているのであれば、
街のドラッグストアを選ぶのもよいでしょう。

 

 

 

 

ドラッグストアでの仕事の内容は多岐にわたります。
市販薬の販売だけでなく、サプリメントや洗剤や、シャンプーや、ダイエット食品など

 

一般の商品に関する知識も求められます。

 

 

 

 

多くの知識を身に着けることができ、
身近な人のお役に立てるというやりがいを感じやすい職場です。

 

 

 

 

若い人から高齢者まで、幅広い年代の方が来店されるので、
人とコミュニケーションを取るのが好きだという方でしたら、

 

そのスキルを活かして働くことができる環境です。

 

 

 

 

街の調剤薬局も、多くの人と触れ合うことが出来る職場ですね。
薬のエキスパートとしてキャリアを積みたいのであれば、

 

病院や製薬会社を選ぶのもよいでしょう。

 

 

 

より高度な知識が求められる職場なので、将来のキャリア形成には最適な環境です。
薬剤師を求めている職場はいろいろとありますので、

 

自分にあった職場を選ぶようにしてください。

 

 

 

転職するなら薬剤師求人サイトの利用が有利な転職が可能となります。
さらに、薬剤師求人サイトを利用すると、担当者がサポートをしてくれます。

 

従って、今お勤めの薬剤師でも、
今の職場を退職せずに、転職活動をすすめることができます。

 

 

 

今の職場を退職せずに、
転職活動ができますので、リスクなしに新な職場へ転職ができる状況です。

 

その意味では、薬剤師は転職には有利な状況です。

 

▲画面のTOPへ

おすすめ薬剤師求人サイトは?

マイナビ薬剤師


多くの方に評価され、2年連続にて、満足度No.1に選ばれています。

1.たくさんの求人の紹介
2.希望にぴったりの求人の紹介
3.相談に関する親身な応対




ファルマスタッフ


求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートいてくれます。薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績があります!




薬キャリ


業界最大級!3万件以上の求人情報数、薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応!




薬剤師転職ドットコム


薬剤師転職ドットコムは、一人一人の「納得」を判断基準にしています。ミスマッチがないかどうか、心から「納得」をして働けることを一番に考えてくれます。



リクナビ薬剤師


リクナビ薬剤師は、リクルートグループが運営する薬剤師専門の薬剤師求人サイトです。全国の求人数は35,000件以上を保有しています。






薬剤師の転職で成功したいなら知っておきたいことがあります!

まずはクリック↓ ↓


当サイトのランキングは、求人数や口コミ・評判などから管理人が良いと思われるものをランキング形式で紹介しています。ご了承ください。



ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる