薬剤師,派遣

薬剤師の派遣とは

薬剤師の派遣とは

メニュー

 

最近では労働環境も多彩に変化してきており、さまざまな働き方が出てきています。
薬剤師の仕事においても、派遣で働く方法をとっている方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

薬剤師の派遣?

 

正社員に比較すると給料は安くなりますが、もともと薬剤師自体が給料の高い職業ですので、派遣といっても一般的な職業よりも、高報酬を期待できます。薬剤師の派遣は時給2400円〜4000円となっています。

 

 

 

派遣のメリット

 

  • ライフスタイルに合わせた働き方ができる
  • 子育てにも時間が取れる
  • 決められた時間で帰れる

 

 

 

 

 

 

自分のライフスタイルに合わせて働くことができることです。勤務の曜日や勤務時間を、自分の都合によって決定できますので、プライベートの時間も充実してすごすことができます。

 

 

 

 

また子育てとの両立も、時間に余裕がありますので、負担なくこなすことができます。また正社員と違って残業を強要されることがあまりありません。決められた時間内で仕事を行い、退社の時間がくれば基本的には残業なしに帰宅できます。

 

 

 

 

この点からも、自分の時間を大切にしたいという方にお勧めの働き方です。

 

 

 

 

 

派遣のデメリットは?

 

  • 正社員よりも権限がない
  • 正社員と比べると職業の安定性がない
  • 福利厚生面に問題がある

 

 

正社員と比べて派遣薬剤師の場合に、権限はないため指示を受ける側になります。そのため仕事へのやりがいは半減することになります。また責任ある仕事は基本的には正社員が行いますので、理不尽な指示だったとしても従わなければなりません。

 

 

 

権限がない分、正社員との関係で不満を感じることが少なくありません。

 

 

 

また正社員と異なり、派遣社員は職業の安定性や福利厚生面で問題があることが多くあります。

 

 

 

 

しかし最近では社会事情の変化から、派遣社員でも充実した福利厚生を受けることができるようになってきています。研修制度も整ってきており、安心して仕事にうちこむことができる体制が確立されるようになってきました。

 

 

 

 

給与体系は?

 

派遣社員は給料が時給制ですが、冒頭で記載した通り、薬剤師の派遣では時給2500円〜4000円の好条件の求人も多くだされています。

 

 

 

つまり8時間働いて20,000円〜32,000円となります。10日働けば、200,000円〜320,000円となります。正社員よりも劣る点はあったとしても高額な給与を得られる点は魅力と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

薬剤師の資格自体が貴重なものですので、
派遣とはいってもかなりの高額報酬を受け取ることができるのです。

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の人材紹介と派遣の違いは?

 

薬剤師が仕事に就く方法として、人材紹介と派遣があります。
多くの薬剤師求人サイトは、人材紹介ですが、派遣を扱っているサイトもあります。

 

 

人材紹介と派遣の大きな違いは、
薬剤師求人サイトと雇用契約を結ぶのか?

 

それとも医療機関と雇用を結ぶのか?という違いが大きな違いです。

 

 

 

どちらも、ハローワークにはない非公開求人がありますが求人の内容に大きな違いがあります。派遣の場合には、パート、アルバイト、非常勤という求人が多く存在しています。一部、ハローワークにも掲載されることもあります。

 

 

 

 

 

 

派遣の場合には、最初に薬剤師求人サイトへ登録をすることになります。そのため事前に、求人サイトへ訪問し、担当者に説明を受けてから非公開求人を入手することになります。

 

 

 

 

希望の仕事があり、応募をすればほとんど仕事に就くことができます。仕事の内容は、誰でもできそうな仕事がほとんどです。

 

 

 

 

ただ、正社員になれないため出世は望めないし、仕事がなくなれば打ち切りとなります。

 

 

 

 

つまり、仕事に就きやすいが、長期的に仕事に就くことができないと考えたほうが良いでしょう。

 

 

 

自分に時間を作りたい方や、子育て等の家族との時間を持ちたい方や
ブランクがある薬剤師には、いいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

人材紹介の場合には、正社員を採用するために利用されています。

 

 

 

 

そのため医療機関と直接雇用契約を結びます。医療機関側としてはポストに適した人材の確保をしたいと考えています。

 

 

 

 

 

給与などの条件は、交渉が可能で、薬剤師求人サイトの担当者から交渉をすることが良いでしょう。

 

 

 

 

 

つまり、医療機関としては欲しい人材かどうかが一番重要な点で、
適した人材と思えば多少条件が高くとも採用するのです。

 

 

 

 

そのかわり入職後に、能力、結果など強く求められますので、事前に自分に合うかどうかを理解することが大切になります。

 

 

 

 

 

薬剤師求人サイト(人材紹介)を利用すると、比較的に転職しやすくなります。場合によっては、要求されることが高すぎてついていけない・・。などというケースもあります。

 

 

 

 

 

事前にしっかりと求人先のことを薬剤師求人サイトの担当者に調べてもらいましょう。このような違いもあり、頭に入れて薬剤師求人サイトを選ぶことがオススメです。

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の求人や転職情報の活用

 

薬剤師は、国家資格を持っていないとなれない仕事です。主に薬局や病院の薬処方の部門で働くもので、人のいのちに直結する大変重要な仕事です。

 

 

 

その分やりがいもあるのですが、現在は医療関係に従事する人材が不足している状態ですので、労働の内容は一人にかかる負担が大きくなってしまいがちです。

 

 

 

しかしその分求人情報が豊富にある状態ですので、仕事を探すという点では見つけやすい状況かもしれません。

 

 

 

 

他の会社員などと比較すると、相対的に福利厚生面で優遇されている点が特徴かもしれません。

 

 

 

 

特に女性にとっては、産休や育児休暇が取りやすい職場が多くなっていて、
出産後も働きたいと考える方々にとってもお勧めの職種と言えます。

 

 

女性の方がこの職種に就く方が多いとされていますが、もちろん男性の方も多くいる分野です。求人情報や転職情報を探すには、インターネットの活用が便利です。効率よく職場を探すことができます。

 

 

 

しかし、就職を決めるためにはそういったツールを活用する以前に、自分の薬剤師への気持ちを整理しておくことが肝要です。

 

 

 

 

履歴書一つ書くにしても、いかに薬剤師という業務が重要で、人の命に直結しているか、そういった業務に就くことに対して責任感を持って励むことができるか、といった気持ちの面を表現することで職場の採用担当に対するアピールとすることができます。<

 

 

 

 

面接の際にもこの気持ちの強さを表現することは大変大事で、担当に与える印象は大きく変わってきます。

 

 

その意味では、良い求人情報だけでなく、転職活動も工夫が必要です。
おすすめは薬剤師求人サイトの利用がおすすめです。

 

 

▲画面のTOPへ

派遣の仕事でおすすめの薬剤師求人サイトは?

 

派遣のお仕事をお探しなら、派遣・アルバイトの保有求人数が多いサイトの利用がおすすめです。そこで各サイトの派遣・アルバイトの保有求人数を比較していました。

 

 

 

派遣・アルバイトの求人数比較

 

日本調剤ファルマスタッフ

 

全国対応で、派遣・アルバイト求人数30,009件で、派遣のお仕事は10,000件以上保有しています。

 

 

 

 

薬キャリ

 

全国対応で、派遣・アルバイト求人数24,589件で、派遣のお仕事は4,023件以上保有しています。

 

 

 

 

マイナビ薬剤師

 

全国対応で、派遣はないもののパートアルバイト求人数22945件以上保有しています。

 

 

 

 

 

その他の薬剤師求人サイト・派遣・アルバイト求人数は?

 

転職ゴリ薬

5946件

薬剤師ドットコム

6284件

薬剤師ではたらこ

701件

 

 

派遣・アルバイトまで含めて転職のことをお考えなら、日本調剤ファルマスタッフ、薬キャリの利用がおすすめです。

 

両サイト共に、派遣の求人数が多く、働き方も考え時間的なことを踏まえた職場が見つかる可能性が高くなります。派遣をお考えなら日本調剤ファルマスタッフのほうが求人数が多く有利になると思われます。

 

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる