薬剤師 人材紹介

薬剤師の人材紹介とは?

薬剤師の人材紹介とは?

メニュー

 

近年、人材確保の手段として活用されるようになってきた制度が、

人材紹介会社からの獲得です。

 

 

 

雇用側にとっても、有能な人材や即戦力の人材を獲得できる
手段として広く活用されるようになってきました。

 

 

 

人材紹介会社からの人材獲得は費用対効果の面からも有効的手段となっているのです。

 

 

 

薬剤師の人材紹介の仕組みは?

 

利用する薬剤師は無料で利用できることは薬剤師にとって魅力です。薬剤師の人材紹介とは、医療機関へ薬剤師を紹介し、転職後に人材紹介手数料が支払われます。

 

 

 

年収の20%前後の手数料が支払われます。そのため薬剤師の人材紹介会社の選び方を間違えると、無理強いされたり、毎日電話がかかってきたりとしつこい業者もあるようです。

 

 

 

薬剤師求人サイトのデメリットは

 

  • 利用する業者はどこがいいのかの判断が難しい
  • 担当コンサルタントから電話が入る
  • 利用した人材紹介会社から求人の提案が少ない
  • 場合によっては無理強いされることがある

 

 

 

薬剤師の人材紹介を利用する場合に、注意したいのが選び方です。薬剤師が転職後に人材紹介手数料が年収の20%前後ですから、仮に年数500万だった場合に、20%とすると100万の収益があります。

 

 

 

業績がそれほどよくない会社やノルマのある人材紹介会社であれば、無理強いしてくる可能性は高いです。また、登録をしたのに、あまり求人の提案がないということもあります。ベターなのは大手又は、口コミ・評判の良い人材紹介会社を利用することです。

 

 

 

 

薬剤師の人材紹介のメリット

 

薬剤師の方にとっても人材紹介会社を活用して就職先・転職先を探し出す手段はスタンダードになってきています。

 

  • 求人情報が豊富で質の良い非公開求人を得られる
  • 担当者が転職のプロで薬剤師の転職の事情について良く知っている
  • 応募時にいちいち応募書類の提出をしなくてもいい
  • 条件交渉や段取りは担当者がおこなってくれる
  • 履歴書・経歴書作成や面接対策などのサポートをしてくれる
  • 応募先の様子は状況を知っている、または調べてくれる

 

 

 

 

薬剤師の人材紹介は求人情報量が豊富

 

自分で探していてもなかなか好条件の求人を見つけることができないという方でも、人材紹介会社を利用すれば、希望に応じた求人を紹介してくれます。

 

 

 

人材紹介会社=薬剤師求人サイトという認識で良いでしょう。
(中には派遣会社もあります)

 

 

 

薬剤師の特化した人材紹介会社では、さまざまな情報を取り扱っています。

 

 

 

まずは、多くの情報から自分の希望する情報について絞り込んで検討してみましょう。

その後、担当のコンサルタントとの話合いを重ねて、
条件に応じた求人を紹介してもらうようにします。

 

 

 

得意エリア

 

一方で、人材紹介会社では、その設立過程などから得意エリアと
不得意エリアがあることがあります。

 

 

また希望職種に応じても、かなりの差があることがあります。自分の希望エリアや職種の情報が豊富な人材紹介会社を選択して登録するようにしましょう。

 

 

 

 

 

担当コンサルタント制度

 

また担当のコンサルタントとの相性も問題になることがあります。

 

 

選択肢を広げる意味でも、コンサルタント数の多い人材紹介会社を選択するようにしておきましょう。コンサルタントの在籍が多ければ、担当の変更にも応じてくれる可能性が高くなります。そのような場合には、素直に説明して担当を変更してもらうようにして下さい。

 

 

 

 

または、複数社へ登録をして担当者の対応を比較して利用するということもありです。
その場合には、口コミ・評判をチェックして評判の良さそうなサイトを利用しましょう。

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師 人材紹介 ランキング

マイナビ薬剤師

 

多くの方にご評価いただき、2年連続にて、満足度No.1に選ばれています。特に評価されている点は以下です。

 

1.たくさんの求人の紹介
約38,000件の求人を保有し、お一人あたりにご紹介する平均ご紹介求人数は、約25件(2014年11月時点)と、薬剤師にとって豊富な選択が可能です。また、全国の薬局を地域情報込みでシステム化し、モレのない求人紹介をしています。

 

 

2.希望にぴったりの求人の紹介
マイナビ薬剤師のコンサルタントは、採用を実施する薬局や病院に対して、深いヒアリングを行うとともに、現場の様子をしっかりと確認しています。また、採用担当者だけでなく、現場の薬剤師さんにもお話を伺い、 「実際のところ」を伝えてくれます。

 

3.相談に関する親身な応対
マイナビは人材関連サービスを40年以上にわたり提供してきた実績があります。選ばれ続けるサービスとして、常にご利用者満足度を高めるため、マイナビ薬剤師のコンサルタントは、日々の努力が伺えます。

 

 

評価 5

 

 

 

ファルマスタッフ

</p>

薬剤師の求人・派遣・転職といえばメディカルリソース 日本調剤ファルマスタッフです。

 

求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートをしてくれます。

 

薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績があります。今すぐ転職を考えている方もちょっと考え中の方でも大丈夫です。

 

 

 

日本調剤グループだからこそ実現できる、豊富な情報とネットワーク、そして業界屈指の実績で、
満足のいく転職を実現します。

 

 

評価5

 

 

 

エムスリーキャリア【薬キャリ】

薬剤師の求人・転職・募集なら
エムスリーキャリア【薬キャリ】

 

転職成功体験談 
年収+条件UP!全国の転職成功事例が続々

 

▼最新動向レポート
エリア別の求人傾向をご紹介
▼エリア別ご紹介実績
お住まいのエリアでご紹介実績をチェック

 

 

【薬キャリ】のここが特長です。

 

○業界最大級 3万件以上の求人情報数 
○薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応
○地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
○紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能

 

評価 5

 

 

 

薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコムとは、東証一部上場グループが運営する薬剤師転職サイトです。

 

一人一人の「納得」を判断基準にしています。

 

ただ求人を紹介し入職が決まればいいという対応はしません。転職希望の薬剤師が希望に沿う転職を考え本当に活躍ができる環境かどうか、

 

 

希望を叶えられるかどうか、ミスマッチがないかどうか、心から「納得」をして働けることを一番に考えてくれます。

 

評価4

 

 

 

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、プロであるリクルートグループ運営する、薬剤師に特化した、人材紹介サービスです。

 

 

リクナビ薬剤師の4つの特徴
1.薬剤師の求人数は約35,000件以上保有している日本最大級の薬剤師の転職サイトでです。

 

2.業界に精通している担当者が転職のサポートをします。

 

3.転職希望の薬剤師に代わって求人情報、医療機関へ交渉もします。

 

4.素早い対応で、最短で3日間で転職が実現しています。

 

 

評価 5

 

 

 

 

薬剤師の転職で考えるべきこと

 

薬剤師が転職をする場合に、今の職場よりもよければいいという考え方をする方が少なくないのです。

 

 

 

そのため明確なビジョンもなく考えがまとまっていない状態で、転職活動を行ないます。これは、満足の行く転職とならない可能性を秘めています。

 

 

 

 

今よりも良い職場であれば、いいと考え方というのは、今の職場への不満を解消するための行動になります。つまり、転職でなくとも解決できる可能性が秘めています。

 

 

 

 

さらに、不満を解消の目的の転職の場合は、
次の職場でも何らかの不満を持つ可能性があるものです。

 

 

 

 

本当の原因は?

 

 

不満の本当の原因は、どんなことなのかをあまり認識をせず、転職活動へ先走ってしまうのです。かなり頑張っているのに、全然評価をされないと不満を持っていても、その不満となっている要因を知らなければ、次の職場での、その影響は必ずあるものです。

 

 

 

 

そのため、次の職場でも、不満となってしまう可能性が高いのです。

まず、不満になっている本当の理由を把握するように、心がけ、

 

何か変えなければならないことを知ることができれば、
努力や工夫を今の職場で行なってみましょう。

 

 

 

 

それでも状況が変わらなければ、それから転職を考えみるべきです。

 

 

 

 

日頃の業務を振り返って

 

 

薬剤師は、責任も大きい仕事でもありますし、薬剤師の資格がなくてもいい仕事もこなさなければならない業務も多くあります。一度、冷静に自分を、見つめ直してみましょう。

 

 

 

 

例えば、ドラックストアの売り上げの結果が出せていたとしても、経営者への報告が、上手ではないかもしれません。または、アルバイトへの指示が、上手くなく、不平が経営陣へ伝わっているかもしれません。

 

 

 

 

不満を持っていることを、他人のせいでなく、自分に何か原因があると思い、自分自身を分析をしてみましょう。

 

 

 

 

そこで、何らかの努力や工夫という、実際の行動をしてみることです。もしかすと、転職をしなくても、解消できてしまうかもしれません。

 

 

 

 

それでも、転職を転職の意思があるのであれば不満を解消するための転職という考え方は辞めるべきです。将来のビジョンのための転職と定めた考え方で行なうべきです。

 

薬剤師転職のビジョンについてはこちらから>>>

 

 

 

 

 

将来のビジョンのための転職ということを目的とした転職活動のほうが
良い条件で転職ができるでしょうし、何らかの不満があったとしても、

 

 

 

 

将来のビジョンがあれば、少々の不満など、関係ありません。
将来のための経験だったり、学びになっていると実感があるからです。

 

 

 

 

将来のビジョンがなかなか明確にならないという方もいると思います。日々、自問自答して見つけるしかありません。

 

 

 

そのためにも現在の職場でプラスアルファの努力、学び、経験を積むことが必要です。
そうしているうちに、さまざまなことに気づくことになると思います。

 

 

 

 

または、転職の意思が固まっているなら、薬剤師求人サイトへ登録をして、担当者へ転職の相談を行なうことも良いでしょう。

 

 

 

 

いずれにしても、
不満を解消するための転職という目的では転職を避けるべきです。

 

▲画面のTOPへ

薬剤師求人サイトを利用することをオススメします

 

一昔前までは、薬学部を卒業し、薬剤師の資格を取得した学生の進路と言えば、病院や薬局(調剤含め)に勤務する、もしくは実家が薬局を開局している場合は、家業を継ぐ方が大半でした。

 

 

 

現在、薬剤師に求められることが幅広くなっている

 

ところが現在は製薬会社の治験業務、新薬開発といった業務に従事するだけではなく、近年広く展開されるようになったドラッグストアに薬剤師として勤務される方も、増えています。

 

 

 

求人案件そのものは元来多く、空前の売り手市場でもあり仕事に困る事はないでしょう。

 

 

 

 

求人情報を獲得しても?

 

普段は業務に追われ、多忙を極める薬剤師の皆様からすると、転職サイトや求人情報にアクセスしても、それが自分に適合しているのかどうか、判断に迷うはずです。

 

 

 

 

転職を行なう場合に

 

現在勤務している職場から、他へ転職しようとする場合には、担当コンサルタントがいる薬剤師求人サイトを活用する事で、りマッチした仕事に出会える可能性が高くなるはずです何度も繰り返すわけにはいかないからこそ、より条件の良い仕事に就きたいと考えるでしょうから、担当コンサルタントに任せてみることがおすすめです。

 

 

 

非公開の情報を紹介してくれるところもあります。

求人サイト等を利用する際、履歴書、職務経歴等の情報を伝えるこが必要になります。

 

 

 

個人情報の取扱いについても、念のため確認をしておきましょう。大手や知名度のあるサイトならPマークがあり安心して利用ができます。

 

 

 

 

 

薬剤師求人サイトを利用した場合に

 

焦って書類を提出し、誤字脱字や、履歴書、経歴書がアピールの弱い書類や、ミスった書類の提出は基本的になくすことができます。

 

 

 

つまり、薬剤師求人サイトの担当コンサルタントがチェックしてくれます。さらに、応募先ごとにアピールになる作成法など転職活動のアドバイスも受けられます。

 

 

 

良い転職活動が可能になるので、担当コンサルタントが対応をする
薬剤師求人サイトの利用はおすすめです。

 

 

▲画面のTOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる