薬剤師 転職 回数

薬剤師 転職回数は

薬剤師 転職回数は

 

薬剤師に限らす、転職の回数を気にして
就職活動に対して後ろ向きにとらえる人は多いはずです。

 

 

 

自分自身で転職が多いと感じている薬剤師さんの中には、
一か所の勤務先で3年以上継続して勤務したことがないという人もいるかもしれません。

 

 

 

転職の回数を不安に感じて、履歴書にうその表示をしたりすると、
就職後に立場が悪くなったり、最悪の場合には解雇処分にもなりかねません。

 

 

 

 

薬剤師の平均転職回数を調べてみると、20代後半の男性で平均勤続年数は約2.8年。
30代後半の男性は約6.8年です。(平成24年賃金構造基本統計調査より)

 

 

 

女性は、男性に比較すると若干短くなっています。
このデータをみると、約3年に1回は転職している薬剤師がいることを表しています。

 

 

 

薬剤師求人サイトのリピーターの情報にも、
一度や二度は転職の経験をもつ薬剤師の方が意外と多いことがわかります。

 

 

 

他業種と比較しても、年齢35歳前後で、
3回程の転職をしていたとしても不思議ではないといえます。

 

 

 


問題なのは、転職の回数ではなく、「なぜ転職をしたのか」ということです。
転職回数が多い薬剤師の多くは、転職活動において自信がもてていません。

 

 

 

その原因には、履歴書などの書類作成と自己PRの不足にあると考えられます。

 

 

退職・転職の理由がはっきりとしていれば、
人事担当の方はしっかりとみてくれるものです。

 

 

 

転職の理由をきちんと説明し、

 

「自分を必要をしている会社や薬局は必ずあるんだ」と自信を持って活動を行えば、
意外なほどに自分にあった転職先が見つかるはずです。

 

 

 

 

賢く転職活動をするために、薬剤師求人サイトを利用して転職をする方も増えつつあります。一度利用した薬剤師求人サイトを再度利用するケースも増えています。

 

 

 

 

これは、薬剤師求人サイトを利用することで、良い求人だけでなく、
担当者のサポートが良く、良い転職活動ができていることが伺えます。

 

▲画面のTOPへ

 

 

 

薬剤師としての転職歴には注意

 

 

薬剤師は非常に優遇された職業なので、
転職をしようと思えば次々に転職を成功させることも可能です。

 

 

 

 

しかし、このような働き方をしようと考えている人は注意が必要で、
最初にしっかりと考えておく必要があるでしょう。

 

 

 

 

薬剤師を雇う側の人間が履歴書をチェックするポイントは決まっていて、
その中のひとつに転職歴というものがあります。

 

 

 

 

転職歴が極端に多い人は、どの職業でも嫌われる傾向があって、
これは採用のプロでなくとも誰もがわかることではないでしょうか。

 

 

 

 

 

せっかく、苦労して一人前に育てても、すぐさま他の仕事に転職してしまうわけですから、
労力に見合わないのです。

 

 

 

 

 

企業が人を雇うということは、労働力を確保すると同時にリスクをかかることでもあって、
リスクがより懸念されるような人材は書類選考の段階で落とされてしまいます。

 

 

 

 

ましてや薬剤師という業界はライバルも多く、良い求人には優秀な人材が多く集まります。

 

 

 

 

 

薬剤師 求人探しをする場合には、このような点を踏まえて、しっかりと長年働ける場所を見つけて、
腰を据えて働いてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

そのような薬剤師 求人を見つけるためには求人サイトの利用が向いていて、
非公開求人のような条件の優遇された求人も多く見当たります。

 

 

 

 

腰を落ち着ける職場を探すならば、それなりの厳選は必須といったところで、
求人サイト担当者のような職業選びのプロとマンツーマンで就職という

 

ゴールを目指せる求人サイトは非常に心強いものがあります。

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師の転職歴が多いための不安

 

 

薬剤師は転職するには、有利な状況です。

人手不足のこともあり、一般の職業と比べても転職回数が多くなっています。

 

 

 

 

そのため採用側も、長く勤めて欲しいという気持ちもありますが、
それよりもまず、しっかりと仕事ができるかどうかという点を大切にしています。

 

 

 

そこで転職歴が多い薬剤師が重要にしたい点は、退職の理由が大切になってきます。

 

 

 

面接でも、間違いなく、一つずつ、退職理由を聞かれます。
退職理由を明確に伝えることが大切になりますが、

 

前向きな表現にすることで、評価の仕方が全然ちがってきます。

 

 

 

 

給与が低く仕事のレベルも低いため、高収入の職場へ転職をしたなら、
もっとレベルの高い仕事の経験を積むために転職をしました。

 

 

 

偽りは駄目ですが、表現の仕方によっても、印象が変わります。

 

 

 

 

または、将来のビジョンがあり、そのために身に着けたい経験であれば、
印象は好印象になりますので、しっかりとアピールをしたいですね。

 

 

 

 

転職歴が多い=不採用というわけではありませんので、ネガティブになる必要はありません。

 

 

ネガティブに捉えていると、その態度が面接では伝わりますので気をつけましょう。

 

 

 

面接での態度は、それだけいろいろな経験があり、柔軟な対応には自信があるというような
気持ちで望むほうが、採用担当者もポジティブに捉えてくれることにもなります。

 

 

 

どうしても不安に思うことが大きい方は、薬剤師求人サイトを利用して、
担当者へ転職の相談に乗ってもらうことです。

 

 

 

▲画面のTOPへ

活躍の場が広がっている薬剤師

 

薬剤師の転職希望が多くなっていると言われます。

 

 

 

ひとつには近々多くの退職者が出ることになると言われているからなのです。

 

 

 

団塊の世代と呼ばれる人の多くが定年を迎えることになり、募集される数が増えることにあると言われているのでした。

 

 

 

そこには、他より少しでも条件をよくすることで、多くの資格者を集めたいとする薬局であり、病院関係なのでしょう。

 

 

 

また結婚を機に退職したままと言う方も多く、調剤薬局やドラッグストアーが増えている時代ではどこも資格者の不足が言われるのでした。

 

 

 

退職した人は新しい治療方法や薬が発売されることから、ついて来られないと思い復帰に難色を示す人も多いことが、人手不足に輪をかけているのでしょう。

 

 

 

そしてドラッグストアーでの資格者募集は相当な数に上るのです。

 

 

 

営業時間が長いこともあり、たくさんの人を回転させることになってしまう結果、資格者も対面販売をするために必要になって来るのでした。

 

 

 

このようにして募集数も多く、給与や収入の面で更に良くなると言う情報が流れるのであれば、転職をしてみたいと思うことも当たり前ではないでしょうか。

 

 

 

現代ではこの薬剤師を必要する仕事が、どんどん増える傾向にあるのです。

 

 

 

インターネットからの薬販売事業も認められることになりましたので、
ここへも資格者が流れて行くのでしょう。

 

 

 

今度は引き抜きのようなことが起きてしまう可能性も出て来るのでした。

 

 

 

ますます転職希望が多くなるのかもしれません。
また多少転職回数が多くなっても仕事に就くことは可能な状況と言えるでしょう。

 

▲画面のTOPへ

転職回数が多くとも良い仕事に就くには?

 

転職回数が多いため転職に自信が持てない方は、丁寧なサポートをしてくれる薬剤師求人サイトの利用がおすすめです。

 

 

 

まずは、現在おかれている状況や、何らかの不満、目標や目的などに相談に乗ってもらうことが大切です。そこで問題の根本が見えてくる、もしくは今までと違った考え方に辿り着くかもしれません。

 

 

 

丁寧なサポートをしてくれるサイトは?
マイナビ薬剤師

多くの方に評価され、2年連続にて、満足度No.1に選ばれています。担当者も熱心に相談にのってくれ求人も豊富なサイトです。

 

 

 

 

薬キャリ

薬キャリは、最も多くの薬剤師の転職をおこなっており、経験値の高さが魅力です。転職で満足するために、さまざまなパターンがあり、担当者は薬剤師の転職に熟知しています。

 

 

 

 

 

 

 

働き方から考えることも必要な場合もあります!

 

正社員として働くには、不安があるものです。そこで紹介予定派遣も考えてみましょう。6ヶ月以内であれば、キャリアとして履歴書に記載しなくともいいわけですから、紹介予定派遣という働き方を選択することもできます。

 

 

派遣や紹介予定派遣の求人が多いサイトは?
日本調剤ファルマスタッフ

紹介予定派遣なら、仕事をおこなってからその職場へ転職するかどうかを判断ができますし、応募先でもまずは採用して働き方を見て採用、不採用が決められます。そのため転職回数が多いという人でも働き方によって採用となりやすい特徴があります。

 

日本調剤ファルマスタッフでは、派遣のお仕事は10,000件以上と派遣・紹介予定派遣の求人数が豊富。担当者もしっかりとサポートをしてくれます。

 

 

 

薬キャリ

薬キャリは、最も利用者の多いサイトで、さまざまな転職の経験値が違います。さらに派遣のお仕事は4,023件以上と業界トップクラスです。

 

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師求人の見つけ方

薬剤師求人で希望に沿う求人見つけるには、薬剤師の求人の事情や薬剤師求人サイトの利用が大切になります。

 

 

 

さらに利用したい薬剤師求人サイトが見つかるようになっていますので参考になれば幸いです。

 

 

    ↓   ↓  クリック
>>>薬剤師求人で希望に沿う求人を見つけるには?<<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる