薬剤師 子育て

薬剤師の子育て両立?

薬剤師 転職で子育てのために

 

薬剤師が子育て両立はできるの?
  • 今の職場の職場では産後復帰できるかな?
  • これから産休・育休を取得するが、転職するならいつすべき?
  • 1年後には育休が終るけど新しい生活が大丈夫かな?
  • 時間に余裕をもって無理なく両立したいが可能かな?
  • 子どもの教育費のために、もっと働きたいが?
  • ブランク期間が長い大丈夫かな?

 

薬剤師が子育てに抱えている悩みや不安は、人それぞれですが、自分の状況に合わせて上手に働く方もおります。自分の状況に合わせた働き方を考えてみましょう。

 

 

 

 

 

薬剤師 妊娠前・妊娠中の場合

 

女性の薬剤師の中には、出産を機会に仕事から離れてしまう方も少なくありません。しかし同時に、せっかくの薬剤師の資格が埋もれてしまうのはもったいないと感じる方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

妊娠前の薬剤師の場合は

 

今の職場では、妊娠し子育てが難しいという職場であれば、転職もありです。転職する場合にはなるべく早くすべきです。結婚後にすぐ転職をするなどが理想です。

 

 

転職後にすぐ妊娠してしまっては、職場にいずらくなってしまいます。もし結婚後、即子供のが欲しいという方は、転職はしないほうがいいかもしれませんね。

 

 

子供は時期が来たらという薬剤師の方が転職を行う場合に、職場の融通について理解して転職をすると良いでしょう。

 

 

  • 薬局よりも企業内勤務のほうが融通が利きやすい
  • パートで短時間勤務して時間の融通を利くようにする
  • 派遣社員だと派遣元へ相談することで融通が利く

 

一般的には薬局よりは、企業での勤務が融通が利きやすいことで転職できれるのであれば、ありでしょう。それよりもパートや派遣の勤務のほうが融通は利きます。

 

 

職場によっても子育てに理解がある職場もありますので、そいう理解のある職場へ転職することもありでしょう。例えば、最近では病院では院内に宅所・保育所のある施設があります。こいう施設の場合には、子育てに理解があります。

 

 

 

 

 

子育て中の薬剤師の場合は

 

子育て中の薬剤師の場合は、パート勤務がベストです。

 

 

 

薬剤師の中には、子育てと仕事をうまく両立している薬剤師ママも多く活躍されていますが

 

子育てをしながら働く女性にとって大きな問題が、子供の健康状態の悪化でしょう。
急な病気などで、やむなく仕事を休まなくてはいけない場合が多々あります。

 

 

 

子育て中の薬剤師は、子育て時期はパート勤務で乗り切ることがおすすめです。薬剤師のパートの場合、時給も一般的なパートに比べて高額になっています。低くても時給1,500円〜2,000円、中には時給4,000円という求人もあるようです。

 

 

子育てしながら薬剤師のパートをする際の注意点したいのが、パート収入が扶養枠内で収まるかどうかということでしょう。パート収入が扶養枠内の収入を得たいという方は、【午前中のみ勤務】【週2〜3日勤務】という求人がありますのでこいうところへ就くことです。

 

 

また、薬剤師不足の職場では残業をさせられる場合もあります。残業の有無については確認はしっかりとしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

産後のママ薬剤師の場合は

 

 

薬剤師ママは、仕事と子育ての両立のしやすい場への転職も一つの方法ですが、復帰してみると、思ったように両立が難しいことと思うママ薬剤師も少なくありません。

 

 

 

 

好ましいのは、新しい職場はなるだけ自宅に近いかく、子供の体調不良による突然の事情にも対応しやすくしたいものです。そこで考えたいのが、残業がないパート、派遣での勤務に就くことも、一つです。

 

 

 

つまり正社員とし仕事に就くの場合には融通が利く職場を選ぶことですが、それが駄目なら収入的に満足できる派遣やパートで働くことを考えましょう。

 

 

 

 

薬キャリマイナビ薬剤師ファルマスタッフ(派遣の場合)などの薬剤師求人サイトでは、薬剤師ママにも優しい求人も多く出されています。

 

 

 

残業のない、託児所が完備されている、有給が取りやすい、などの条件は、お母さんにとっては嬉しい限りです。またパートや派遣ではママ薬剤師が多く在籍していてシフト勤務がある職場は、いざというときも融通が利くことと思います。

 

 

もちろん残業については前もって確認をしておくべきでしょう。

 

 

 

 

 

就業中のママ薬剤師の場合は

 

復帰前に想定していたよりも子育てと仕事の両立が難しいと感じているママ薬剤師は少なくありません。

 

 

ママ薬剤師の多い店舗など、ママ薬剤師が働きやすい職場となっているという職場もあるようです。

 

ママ薬剤師が多ければ、勤務時間の融通が利き、子どもの発熱などで急なお休みも取得しやすいなど、ママ薬剤師に理解がある職場になっています。

 

 

 

ブランク期間が長い方は、復帰への不安があると思いますので無理のない復帰の仕方を考えることが大切になります。

 

 

 

 

 

薬剤師が子育て両立を目指していなら、薬キャリマイナビ薬剤師ファルマスタッフ(派遣)などの薬剤師求人サイトへ登録し担当者に働き方を含め状況を踏まえて転職の相談をしてみましょう。希望や状況に沿う働き方や求人の提案を受けることができます。

 

 

 

▲画面のTOPへ

ママ薬剤師としてお子さんの成長に合わせた働き方

 

薬剤師の7割近くを、女性が占めているのはご存知でしょうか。女性の社会進出が進む現代社会ではありますが、女性が結婚したり出産した場合、日本ではまだまだ働きにくい状況は否定できません。

 

 

 

 

残念ながら妊娠や子供の誕生に伴い、離職を余儀なくされる女性はたくさんいます。

 

 

 

一方で、ある程度お子さんが大きくなり、手が離れるようになると、今度は教育費の捻出や住宅ローンの返済のため、家計が厳しくなり再び働かざるを得ない状況がやってきます。

 

 

 

結婚後のブランクがあっても薬剤師なら大丈夫

こうした場合、仕事のブランクがあり年齢を重ねた女性は再就職が難しくなる傾向があります。ですが、薬剤師資格を持っていれば、国家資格を持った薬のエキスパートとして珍重され、再就職も難しくはありません。

 

 

 

 

そのため、薬剤師はずっと働き続けたい、社会に役立ちたいと願う女性にとってとても人気の職業なのです。一方で、出産や育児の状況に応じては現在の職場では思うように働けないという事態もありえます。

 

 

 

ママ薬剤師の再就職先は慎重に選ぶこと

ママ薬剤師として再就職や転職をする場合、ご自身の希望はもちろん、ご家庭の事情やお子さんの年齢により、活躍のための場所を慎重に選ぶ必要があるでしょう。

 

 

 

 

スムーズな出産と職場復帰を望むなら、産休制度や育児休暇制度利用者の実績がある職場がおすすめです。また、お子さんの成長に合わせて雇用形態を変えながら、転職する道も考えられます。

 

 

 

ママ薬剤師の子育ての成長と働き方は

幼稚園や小学校の低学年のうちは、お子さんの帰宅時間に合わせて午前中のみのパートや
派遣社員として働き、ある程度成長されてからはフルタイムのパートや派遣社員、

 

正社員に復帰するのもいいのではないでしょうか。

 

▲画面のTOPへ

ママ薬剤師が転職に利用したいサイトは?

 

子育て中の薬剤師が利用したいサイトは、託児所があり求人やママ薬剤師に理解のある求人が多く保有しているサイトがおすすめです。

 

 

 

 

ママ薬剤師が転職に利用したいおすすめのサイトは?

 

薬キャリ

薬キャリは、薬剤師の転職や仕事に就くために最も利用されているサイトです。託児所あり求人が豊富。またママ薬剤師おすすめ求人も多く保有しています。

 

 

 

日本調剤ファルマスタッフ

日本調剤ファルマスタッフは、転職のための求人も豊富ですが、派遣のお仕事数も業界トップクラスです。託児所あり求人が豊富です。

 

働き方によっては派遣のほうが適している場合もありますのでおすすめのサイトの一つと言えます。

 

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師求人の見つけ方

薬剤師求人で希望に沿う求人見つけるには、薬剤師の求人の事情や薬剤師求人サイトの利用が大切になります。

 

 

 

さらに利用したい薬剤師求人サイトが見つかるようになっていますので参考になれば幸いです。

 

 

    ↓   ↓  クリック
>>>薬剤師求人で希望に沿う求人を見つけるには?<<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる