薬剤師 転職理由

薬剤師の転職理由と失敗しないために考えたいこと

薬剤師の転職理由

メニュー

 

 

 

薬剤師の転職理由で、良く聞くのには
  • 給料に不満がある?
  • 職場の雰囲気がわるい?

などがあります。

 

 

薬剤師の転職理由として一番多いものは、「給料に不満」というものです。

 

 

 

今後の薬剤師は、資格者の増加や医療費の削減など社会の事情により、給料が全般的に下がる傾向になると考えられています。売り手市場から、買い手市場へと移る傾向にあるということです。

 

 

 

そのような状況の中で、業務時間や内容に見合った報酬を得られずに

 

薬剤師転職を考える人が増えてきています。

 

 

 

 

 

例えば、ある薬局に努めている薬剤師の場合、一人でできる処方箋の数に制限があり、新卒であろうと、ベテランであろうと同じですが、仕事になれている薬剤師の場合には薬の調合だけでなく、薬局内の雑用を含めたいろいろな仕事の兼務を任されることが多いのです。

 

 

 

 

ようは、仕事に見合った報酬を得られる仕事が少ないというわけです。

 

 

 

 

 

 

このようなことから薬剤師が転職する場合、前の職場での兼務される仕事の多さについて、愚痴や不満ともとられるようなマイナスな表現は、不利になる可能性があります。

 

 

つまり、応募先企業や病院でも同様な可能性が高いと考えられますので、言わないほうが賢明でしょう。

 

 

 

 

 

職場の雰囲気が?

 

「薬局や他の薬剤師の雰囲気がよくない」という理由も多くあげられます。

 

 

 

 

薬剤師の勤務先の薬局などでは、働く人数が少ないことが多いため、仲がよければいいのですが、仲が悪くなると、非常にきまずくなり、職場全体に悪い雰囲気が広がってしまうのです。

 

 

 

このような傾向は、特に女性の薬剤師に多くみられています。

 

 

 

 

 

 

男性の薬剤師はどちらかといえば処遇面での不満が多く、

 

女性の薬剤師はどちらかといえば環境面での不満が多いのが特徴といえます。

 

 

 

 

 

このような不満から薬剤師が転職する場合、愚痴や不満ともとられるようなことを漏らしてしまったり、態度に出てしまうと不利になります。

 

 

応募先企業や病院では、長く職場のチームワークに悪い影響を及ぼさない人材を求めているためです。

 

 

 

 

 

薬剤師の転職で転職理由は必ず聞かれることがある

 

どちらにしても、買い手市場に移行しつつあるなかで、薬剤師の転職においても自分にあった求人を探し出すことが重要であることは間違いないところです。

 

 

 

 

このような状況で、転職を考える薬剤師は、多くなることは確かです。また、薬剤師の求人は、多くなってきています。薬剤師の転職者は多くなることは予想できます。

 

 

 

 

 

そのため転職では考えることが多くなってくるでしょう。特に薬剤師が転職をする場合に、

薬剤師の転職理由は、今お勤めの医療機関で退職理由として聞かれます。

 

薬剤師転職では、採用側からも転職理由は聞かれることです。

 

 

薬剤師が転職する場合に、転職理由や退職理由は準備しておく必要があります。

 

 

 

転職理由や退職理由がスムーズに言えない、

 

返答するまで時間がかかるのでは印象は悪くなるかもしれません。

 

 

 

 

さらに、面接ではさまざまことを聞かれますが、

 

一貫性がない、矛盾しているなど感じさせては不採用になってしまいます。

 

 

 

 

 

マイナスな表現はやめよう

 

正直に本音を語ってしまうと場合によってはマイナスになってしまうことがありますので注意をしたい点ですね。

  • 職場の人間関係が・・・。
  • 給料が少ないため・・。

 

⇒ 不満をマイナスな表現での言い方はマイナスです。

 

 

 

 

なるべく前向きな理由を事前に考えておきことが重要です。

 

例えば、「今の職場が悪いということではないのですがもっとちがった良い人間関係の職場で働いてみたい、」とか

 

「キャリアのため」、「引っ越しの予定があるため」など

 

マイナスにならないような転職理由を考えておきましょう。

 

 

 

 

薬剤師転職で今後を好転するために

薬剤師がなんらかの理由で、転職をしようとする場合、今後の人生を好転させたいものです。

 

一般に言われていることが、不満からの転職よりも、目的、目標を持った転職にすることが良いとされています。

 

 

 

 

なぜかというと、目的や目標があれば、辛いこがあったとしても頑張る理由を持つことになります。

 

頑張る理由を持てれば、仕事への高い意識、自分の殻を破る自己成長につながったりします。

 

 

 

 

目標と言うと、仕事のキャリアややりたいことを考えなければならないとお考えかもしれませんが、

 

それだけでなく、プライベートな目的を持つこともありです。

 

 

 

例えば、マリンスポーツが趣味だとしたら、海の近くに引っ越しをし、海の近くの職場へ転職し、

 

出勤前や休日にマリンスポーツを楽しむことを目的にする。

 

 

 

このようなことでも頑張る理由になります。

 

 

 

 

このような目標・目的を持つことで、頑張る理由を持てるかどうかが重要になります。

 

転職をお考えなら、真剣に目的・目標について考え目的・目標を持った転職をしましょう。

 

 

 

 

 

 

薬剤師が転職するなら

転職をするなら薬剤師求人サイトの利用は、大切になります。

 

薬剤師求人サイト担当者が転職事情を良く知っており、

 

薬剤師の転職理由についても良い表現に仕方をアドバイスをしてくれます。

 

▲画面のTOPへ

薬剤師転職の失敗

 

せっかく新しい転職先を見つけ給料など好条件となったとしても

 

すぐにまた退職してしまう方も多くいらっしゃいます。

 

  • 残業がないということだったが、実際には違ったなどと・・。
  • 店舗全体の雰囲気が悪く、仕事になじむことができない・・。

 

 

 

転職活動は順調にいっていたのに、新しい就職先でつまずいてしまうとは残念なことです。薬剤師の方にも転職に失敗するケースも少なからず見受けられます。

 

 

転職に失敗すると、転職回数も増えてしまうことになりますので、

 

再就職には不利になってしまいます。

 

 

 

転職に失敗してすぐに早期退職するケースには次のような場合があります。

  • 最初聞いた話では、残業がないということだったが、実際には違ったなどと・・。
  • 店舗全体の雰囲気が悪く、仕事になじむことができない。

 

 

 

このような失敗を防ぐには、転職活動でいくつか注意しておかなければいけないことがあります。

 

まずは、実際に働く職場を見学するということです。

 

 

 

 

現場で働く実際の姿を見ることよって、その職場の雰囲気人間関係が自分に適したものであるかを、事前に確認しておきましょう。

 

 

 

▲画面のTOPへ

 

 

不満解消の転職は?考えるべき点があります!

 

給料や待遇面などで不満から転職を行なう場合、

 

次に何らかの不満がでてくることがあります。

 

 

 

薬剤師の転職理由で不満解消目的は失敗しやすい

 

不満となる本当の理由を見つめ直し、一度見直してみることです。

 

一般に、言われていることですが不満解消の目的の転職はNGとされています。

 

 

 

 

薬剤師の転職先への貢献を考える

 

というのも例えば高収入・高待遇の職場の場合に、施設側から求められることが多く、その要求に答えなければなりません。今までの経験や専門知識、大きな責任、接客応対、販売に関する事など・・。

 

 

 

もし求められることが大きくなればギャップを感じ、報酬が過小に思えることになります。

 

つまり、高収入・高待遇を求められなら、それなりの覚悟が必要になるものです。

 

 

 

 

 

 

 

薬剤師が転職する不満の理由を知る?

 

 

まずは根本的な不満について理解をすべきです。

 

一般には、給料が少ないと感じている場合に多いのが給料の範囲内の仕事しかしない。

 

と考えて行動する人が少なくありません。

 

 

 

 

 

もし、給料が少ないと感じているのであれば、

まずは、給料以上の仕事を行なうように心がけることから始めるのです。

 

 

 

 

そのために考えたいことが、目標を持つことです。しっかりした目標を持っている人は、言われなくとも率先して仕事を行ない、プラスアルファの仕事を行なうものです。

 

 

 

目標がない人は、

 

「そんなこと言われないとわからない」という態度になりがちです。

 

こいう態度では、高収入・高待遇となったとしても、

 

仕事と報酬のギャップを感じることになります。

 

 

 

レベルが上がれば、常に創造的に、先手を打つことが求められるものです。雇われ感覚では、大きなギャップを生むことになります。

 

 

 

そのためにも、今の職場で、やらなければならない業務はもちろんのこと

 

雇い主がやって欲しいと思っていることを言われなくともやれる自分になるべきです。

 

仕事で最高のパファーマンスを発揮させるには(参考記事)

 

 

 

 

 

 

 

転職をする前に、まずは、自分自身を見つめ直し、自分の目標やビジョンについて考えて、不満解消の転職というより目標やビジョンを実現するための行動とすることが好ましいですね。

 

 

 

▲画面のTOPへ

不満を何とかしたい方の転職で利用したいサイトは?

 

薬剤師の転職を相談にのってくれて、求人数が豊富な薬剤師求人サイトがおすすめです。

 

 

利用したい薬剤師求人サイトは?

 

日本調剤ファルマスタッフ

 

ファルマスタッフは、調剤業界トップクラスである日本調剤グループの薬剤師専門の派遣・転職支援会社です。豊富な派遣・紹介先と充実したフォロー体制・教育制度でご希望のライフスタイルを実現し、キャリアアップをサポートをしてくれます。

 

 

 

 

 

 

薬キャリ

 

薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応をしてくれます。薬キャリは実績が抜群のサイトで、担当者もさまざまな要望に答えられます。

 

 

 

 

マイナビ薬剤師

 

マイナビ薬剤師は、株式会社マイナビエージェントが運営する薬剤師専門の求人サイトです。イナビグループの膨大なネットワークを活かした豊富な求人件数、もちろん、求人概要だけでなく、各企業の経営状況や、社内、局内の雰囲気まで、担当のキャリアコンサルタントが足を運び、 採用担当者だけではなく、現場の薬剤師にもお話をお聞きすることで生の情報を提供してくれます。

 

 

 

 

 

リクナビ薬剤師

 

リクナビ薬剤師は、転職のプロが転職のサポートをしてくれ希望に沿う転職が可能にしています。幅広い薬剤師求人募集情報をご紹介。転職に関する不安や不明点にプロの視点でお答えします。日本の就職・転職をリードしてきたリクルートグループの組織力・ネットワークがあり、幅広いからこその提案があると思われます。

 

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

薬剤師求人の見つけ方

薬剤師求人で希望に沿う求人見つけるには、薬剤師の求人の事情や薬剤師求人サイトの利用が大切になります。さらに利用したい薬剤師求人サイトが見つかるようになっていますので参考になれば幸いです。

 

    ↓   ↓  クリック
>>>薬剤師求人で希望に沿う求人を見つけるには?<<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 転職を考える 求人サイトの利用 ランキング 仕事で成果を上げる